みずから書き、みずから滅ぶってこと。

中田満帆 / a missing person's press による活動報告

告知

33回転/半生タイプ

○ きょうでおまえは33歳だと、神がほざきやった。どうりでおれはふんづまってるわけだった。通りは穏やかで、どこまでいっても夜だらけだ。なにをやるか、なにを書くか、まったく定まらない日がつづいてる。引っ越しはできなかった。もう1ヶ月早くうごいてれ…

個展について

中田満帆第2回個展「旅路は美しく、旅人は善良だというのに──スイサイとシャシン(仮題)」 場所:「bucato cafe」神戸市中央区栄町通3-6-17 2F 期間:5/16-30 飲食店のつき、オーダー必須

茹で蛙の梅肉ソース和え──blogの趣旨に代えて

路上 / in a road of haginocya-ya [2011] *** いまは自伝的長篇を考えてる。でもなかなか体験と自己を引っ剥がすのは楽じゃないぜ。短篇集と並行しながら、作業中だ。まずは独白の初稿を書き、次に場所と行為の第2稿を、3つめになにがあるか、という具合だ…