みずから書き、みずから滅ぶってこと。

中田満帆 / a missing person's press による活動報告

告知

第2詩集「38wの紙片[second edition]」、無料公開

'14年にモノクロ印刷にて出版し、その後'17年に再編集してカラー化、再刊した詩集「38wの紙片[second edition]」を公開します。撰と序文は森忠明、写真・デザインは著者です。 38wの紙片.pdf - Google ドライブ 表紙 ふるえ ふるえをとめてはいけない とめ…

詩集「終夜営業|Open 24 hours|発送受付(2012)」、無料公開

終夜営業 | Open 24 hours |発送受付 作者: 中田満帆 出版社/メーカー: a missing person's press 発売日: 2017/06/10 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る '12年に自主制作した第1詩集「終夜営業|Open 24 hours|発送受付」の普及版をドライ…

シングル「kaze-bungaku」発売に寄せて

今週からシングル盤「kaze-bungaku / mitzho nakata 5 demo tracks」を販売開始しました。紙ジャケット、全5+隠しトラック、45分、¥1500+送料です。 30部限定です。購入希望の方は、mitzho84@gmail.com 、もしくはお電話ください。080-5780-6831 。音源の一…

おれのノート/来年の予定とともに

* デモ音源の録音は終わった。全5曲。あとはCDの原盤とパッケージづくり。たぶん来年になるだろう。音源は30枚ほどつくって、半分を売り、もう半分をオーディションに送ることにした。ベルウッドか、フォーライフあたりがいいなとおもってる。来年、まずは…

わが短篇集についてのノート

ここ数年間ずっと温めてきた短篇集をようやくだせることになった。もちろんのこと、オンデマンドでだが。データを喪った作品をあたらしく書いたほかは、「新バーテンダーズ・マニュアル」、「みずから書き、みずから滅びるってこと。」、「マイクロフォーン…

詩画集「世界の果ての駅舎」限定無料公開

世界の果ての駅舎 またも詩集を公開します。紙版が欲しい方は「製本直送」のオンデマンド印刷までお願いします。販売もしております。また喜捨をくださる方は、三井住友銀行・藤原台支店 普通 7489267 までお願います。御自身で印刷される方は、可能であれば…

詩集「広告」について

2009年の詩集「広告」をアップしました。「製本直送」を使えば安く本にできます。PDFは下です。 広告──そのほかの詩篇 2009_11_02-12_17.pdf - Google ドライブ 後記: 表紙改訂しました。 改訂版

冬、未収録の詩作品を公開します。

冬頃、未収録詩作品をPDFで無料配布します。現在、編集中です。表紙つくりました。絵は’03年の朗読ライブ「地団駄ライブ! 朗読ビート!」のものです。若干ですが紙本もつくります。本書を荒木田義人に捧げます。

告知、詩画集と詩集、そして絵画作品の販売

あたらしい作品を販売することになりました。受注生産です。絵についきましては希望者にカタログを送ります。

そして遊戯は終わる

詩集「世界の果ての駅舎 詩群2014-2016」あとがき どうしてこんなにも警官が多いのか。やつらの車はわたしが坂を降るたびに、角を曲がるたびに、そして大通りで信号待ちをしてるときにも現れる。回転灯を光らせ、静かに。加納町交差点にいたマル暴は消えた。…

長篇小説「裏庭日記」テスト版、限定販売

わたしの初の長篇自伝+犯罪小説「裏庭日記/孤独のわけまえ」が完成しました。その記念にテスト版5部を限定販売致します。全233P。値段は、¥1400+送料(定型外)です。後払いも可能です。よろしくお願いいたします。 mitzho84@gmail.com 中田満帆 a missing pe…

中田満帆の予告編:小説「裏庭日記/孤独のわけまえ」

アイデンティティ: 青年と危機 作者: エリク・H.エリクソン,Erik H. Erikson,中島由恵 出版社/メーカー: 新曜社 発売日: 2017/11/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る アイデンティティとライフサイクル 作者: E.H.エリクソン,西平 直,中島…

SUZURIにてオリジナル・グッズ販売

ずっと放置していたSUZURIのグッズ販売に手を入れてみる。もちろんこんなものが売れるとはおもってない。自己満足の範囲である。こういったところを使ってうまくやるひとびともいるのだろうけど、わたしのようなスタイルの絵はまずもって受けない。それでも…

33回転/半生タイプ

○ きょうでおまえは33歳だと、神がほざきやった。どうりでおれはふんづまってるわけだった。通りは穏やかで、どこまでいっても夜だらけだ。なにをやるか、なにを書くか、まったく定まらない日がつづいてる。引っ越しはできなかった。もう1ヶ月早くうごいてれ…

個展について

中田満帆第2回個展「スイサイとシャシン」 場所:「bucato cafe」神戸市中央区栄町通3-6-17 2F 期間:5/16-30 飲食店のつき、オーダー必須

茹で蛙の梅肉ソース和え──blogの趣旨に代えて

路上 / in a road of haginocya-ya [2011] *** いまは自伝的長篇を考えてる。でもなかなか体験と自己を引っ剥がすのは楽じゃないぜ。短篇集と並行しながら、作業中だ。まずは独白の初稿を書き、次に場所と行為の第2稿を、3つめになにがあるか、という具合だ…