みずから書き、みずから滅ぶってこと。

中田満帆 / a missing person's press による活動報告

風葬序説

 

   *


 百日紅 花の惑いにゆれながら猶新しき種子を撒くのみ

 
 桜桃の枝葉の匂い 復讐はもどり道など断じていらず


 まさにいま風に葬られてゆくさまを叙述するのみ 風葬序説


 からっぽの世界のなかで愛されて虚しさなどを具象する夜


 駅いずれ世界の果てに残されて地下道孤児の群れに流れる


 水色のからすの一羽泣き誇るあしたの意味をいまだに知らず


 海ひとつ心に持てばやすらぐといいて去りぬひとりの女


 死の舞踏 たとえば百合の花を喰い頓死最中足がふるえる


 おれはまだ夜の雷光 一瞬のすべてにおもい砕かるるまま


 からたちの花がすべてだ ゆうこさん あなたの顔をおもいだす度


 初恋に火事の匂いがする夜半 だれがぼくなど呼ぶものか


 ネオンサイン電気断たれて消えてゆく深夜の路次に咲いた「ミカド」よ


 貝殻をあつめてひとり少年が砂を歩いて砂に変化す


 猟師赤面する木の畝にひらかれた秘部を見いだして


 嵯峨野にて道見失う官吏たち放浪詩篇を打ち棄てたり


 だれが問うわれの悔悛・呼び声がなくて淋しい道に来てゐる


 淋しけれ淋しけれ されど声はなく遠ざかる歌ばかり


 救いには値しないと嘯いて婚姻あらず葡萄を食む


 ゆれる樹の果実ばかりが眩しいといい炎天の日傘過ぎゆく


 眠らせて眠らせてよというきみの眸に星が落ち来る夜よ


 少女病罹患せし花袋の主人公ごとく乙女を見やるばかりかわれは


 夢うつつ労働争議願いては油汚れをしばらく洗う


 V感覚癒しつつわが穴を突き抜ける軌道いずれも温む


 悲しみが改札口に立ってゐる真昼の駅の亡霊のなか


 さざなみのようにおもいそびれた日々がまた夜学の窓を照らしたるかな


 太陽の確からしさよ地平照るわれらが挽歌いまだ忘れじ


 小豆色の古帽かむり天国を賛美するひと貧しいばかり


 舟に棲む かぜにゆられて語ることすべてに水の匂いが充ちて


   *

 

風葬

風葬

Amazon
(沖縄県限定)風化風葬

(沖縄県限定)風化風葬

Amazon

 

酸模の茎 

 

   *

 
 連動する地獄の筵たなびいていままさに詠まれる夕べ


 やらず至らず試みずやがて溶けゆく意志たちのいま


 水色の水充ちたればささやかな宴をともす深夜の酒席


 心あらずも美しくあれ如雨露の水が降りそそぐごと


 詩画集のなかに埋もれてゆく景色まだ一切を諦められず


 地獄絵の鬼が泣いたらかくれんぼしてはいまだに見つからぬわれ


 柿腐る 暮れる地の糧まぎれたる夕凪ばかりわれは眺むる


 梨を切るわが手は昏しいつの日か告白以前の愛を語りぬ


 全裸なる青年像が立ちすくむ兵庫県庁跡の夕やみ


 願うものなきまま訪うひとりのみ五月の夜の二宮神社


 なんだっていい 犬笛の聞えないところまでいきましょう


 だれをだれをだれを求めればいいのでしょう 酸模の茎を齧りたいときは


 大父に拒まれて猶邂逅を求めてやまず遠き西脇


 Your all I need と繰り返す いまだ振り切れぬ片恋なら


 それがもしや足許で藻掻いてる蝶ならば救え


 猫を抱く少年のわれ 秘密のなかで愛撫する夜


 車すら棺の隠語 カリーナの嫉妬の一語いま燃えさかる


 写真屋に石を預ける遠景として漁村の真昼匿いながら


 「愉しい会話術」読み耽る話す相手もいない寄る辺に


 小蠅飛ぶ悲歌を学ばんとする空間に羽音寂し


 やがてみな遠くなりたり老いたれて植物図鑑に記録されたし


   *

 

 

センチメンタル・ジャーニー 

 

   *

 
 わが春の死後を切なくみどりなす地平の匂いいま過ぎ去りぬ


 感傷の色を数えるだれがまだぼくを信じているかとおもい


 遠ざかるおもかげばかり道化師の化粧が落ちる春の終焉


 夏の兆しあるいは死語のつらなりにわれが捧げる幾多の詩集


 わがうちにそそり立つ木に名づけ得るなまえはありや雨季も終わりぬ


 過去という他国のなかに埋もれる楡の若木よ疵を癒すな


 映像論または詩論のなかにさえ居場所がなくて尿するのみ


 かつてまだ若き両手が望みたる麦畑の鳥または花束


 マントのなかで眠る少年のような月がいっぱいの空跨ぐ

 
 家という呪縛のなかで育ち来る枇杷の木さえももはや切られて


 少年の日々を憾めば暗澹として洗面器に顔を埋める


 犯罪記事読み耽る昼の愉しみ たとえれば蜆


 野性なきゆえに一生蔑される男のなかの地平が荒るる


 悲しみもゆかこのなかに忘れ去る もはや叶わぬ再会ゆえに


 雲遊ぶ 帰らぬものを求めつつわが一切を夏へ投じる


 アナキストにもなれず またひとつふたつ花を枯らす午後


   *

 

スケッチブック

 

   *


 垂乳根の母などおらず贋金のうらの指紋を眺むる夜よ


 童貞の夏をおもいしひとときが飛行機雲となる快晴


 水盥茎を濡らして終わりゆく五月の空をしばらく見つむ


 父死なば終わるのかわが業も テーブルに果実転がる


 陽当たりにトマト罐ひとついまだ未来を信じる切なさ


 かげさえも遠ざかるなり週末の女のひとり翅をふるわす


 やわらかき胸してきみを訪ねゆく河面に夕陽落ちたる頃に


 ときとしてものみな遠くかすむかなみどりのなかの紫陽花なども


 水走る犬の眸にさかる陽も物狂いするけものの躍動


 約束の土地はあらずや夢の街だれも知らない町を求める


 この夜の上流だれもいない室いつかの唄をまだくりかえす


   *

 

演技論

 

   *


 同志不在なり萌えながら立つみどりたちやけに眩しく


 地図上を旅する蟻よ思想なき犯意のなかのわれらが国家


 期してまだ挑むことさえできぬまま遠くの海の潮騒やまず


 鳥籠のかげが寂しくほぐれゆく夕暮れどきの落胆ばかり


 監獄に夏蝶ひとつ放たれてわれは呼吸を重ねてゐたり


 手のひらに乾く葡萄よ革命の響き至らずきょうも過ぎたり


 不貞知らずままに老いゆく旧暦の四月が暮れゆく


 望まれぬ枝を間引いて立ちあがるかれの微笑のゆえなど知らず


 眠りなき男の心理伏射する姿勢のままで吊るされながら


 地平あれど国あらず花いちりんのメソッド演技


 にっぽん脱出できぬ五月雨色の国家の衰亡

 
 けだもののように雨降るチリコンカン煮ゆる鍋はいつも赤い


 深夜高速回転する月の光りあらばきみを愛しくおもう


 放浪の夢を語れるわれの夜、有蓋貨車にゆられる夜よ


   *