みずから書き、みずから滅ぶってこと。

中田満帆 / a missing person's press による活動報告

息が止む


www.youtube.com


   *


 ゆかしめよ時のはざまにそよぎつつ眠れぬ夜を戦う花と


 わがための夢にはあらじ秋口の河を流れる妬心の一語


 男歌かぞえる指に陽が刺さるゆうぐれどきのあこがれのなか


 けだしひとはうつろいながらうろ叩くやがて来たりぬ夢の涯まで


 つかのまの休息ありて汗ぬぐう拳闘士らのまなざしやさし


 かつて見し馬のまなこがわれを追う幻灯機にて広がれ荒野


 懐かしむあまたの過去が現実を襲い来るなり観衆妄想


 ふたたびなどなくてひとりのみずからを憾みてやまずもてあますとき


 帰るべき場所などあらず秋雨に文鳥一羽逃げてゆくなり


 まばたきが星の鋭き夜に冴えやがてひとつの物語となり


 雛壇の亡霊 われのかげを射る もしや姉の企みか


 いい娘だね いい娘だね いい娘だね また逢うための呪文を唱える

 
 蚊柱の在りし場所にてぶたくさの花粉が踊る 月曜の朝


 やがて来る使者のためにか懸垂のもっとも高いそらをも掴む


 菜の花の跡を腐れた葉が誘う だれかがぼくを見つけるまえに


 叶わぬとおもいながらもパーラーのラストオーダーまで祈る


 たとうならあかるき地獄 仮装者の最後のひとりいま眠りたり


 水がいま湧いていますよ 験すならおのれの神を呼びかけるべし


 陽だまりのなかで一瞬息が止む 秋の曲など耳に刺さって


 いくたびも仮面を変えて生きるのみ自己なきゆゑの人生ありて


 処女塚の由来は寂し 男とは愛しきものを殺すものなり


 ぬばたまの夜はしずかな街にすらネフラシアを幻視するかな


 ふるさとの歌を失う一瞬の旅のようだね人生なんか


   *

ゆれる潮


www.youtube.com

 

   *

 
 刈りがたしおもいもありぬ秋来る颱風過ぎてすがしい原っぱ


 みずいろの兎が跳ねる 妬心とはまだ見ぬきみにたじろぐ時間


 神さまがくれたクレヨンなどといいぼくを欺く女学生たち


 波たゆるいつかの秋がぎらぎらと迫り来るなり男の内部


 姿鏡あり浮かべてわれは宙を蹴る くれない坂の始まる場所で


 道もなき芒原にて星を見る 消滅を待つ一族として


 救いなどあらず流砂のかなしみをあつめて羨しともだちの指


 午後線のびっくり水が暴れだす手鍋のなかのぼくの革命


 おもわくもなくて秋草眺めやる地域猫すら不在の時間


 野焼きするわれらが野辺に莇咲くなべてこの世の滅びを讃え


 坂といえ降る足さえ確かさを失いながら消えゆくなか


 夜の河 みなが眠りに就くなかを流れて悼む夏の終わりぞ


 水汲みの汲み桶われるひざかりの木立ちのなかで爆発ののち


 ささがきの笹のみどりがきみを射る そんな妄想ばかりするおれ 


 ひとりゐることの刹那を逃れたくひとりの女われは幻視す


 ゆれる潮 国家略奪計画を夢想するわれの指に冷たい


   *

 

無題

   *


 子羊のような贄欲す朝ならばわれを吊るせと叫ぶ兄たち


 踏み切りに光りが滅ぶ列車来て遮られてしまうすべてが


 かつてまだ恋を知らないときにただもどりたいとはいえぬ残暑がつづく


 会わずして十年経ちしいもうとの貌など忘るつかのまの夢


 よるべなどなくてひとりのわれがゐる 高所恐怖のまったきふるえ


 なぜという声が欲しくて問いかける「詩」を書きためて歩く市街地


 まぼろしになれば他人の夢のごとわれを偽る理由はあらず


 ふさわしき家庭もあらぬ男とは切断されし枝の断面


 ほどかざる両の手ばかり秋の日の罰はきびしといえる幼少


 垂木折る舞台の無人確かめてわが罪ありぬ本日休演


 なにも知らぬふりをして語る九月の陽だまりに及ぶおもいでなぞを


 ことばたらず頭をさげる一瞬のかの女の貌にかげが落ち来る


 詩にあらず歌にもあらず一行を書きためてわが人生嗤う


 死がやがてわれを蝕むときをいまただ待てり ただ待てり


 かげろうの失せた街区をただ歩む われ生きるに値せず


   *

 

系図


   *


 水匂う両手のなかの海さえも漣打ってやがて涸れゆく


 まだきみを怒らせてゐるぼくだから夏鈴のひとつ土に葬る


 もはや兄ですら弟ですらないぼくが父母ない街ひとつを愛す


 生きるかぎりに於いてもはや交わさぬ契りを棄てる


 いまはもうだめにしてくれ丸太積むトラック一台縁石を蹴り


 伝説の由来は姉の花鋏 月の光りに充ちてうらめし


 光りすら失う真午くらがりに赤ん坊なる人形ひとつ


 森深く罪なるものを抱えつつ望むは兎跳びする少女の群れ


 だれしもがぼくの分身いくつかの戸棚に過去を押し込みながら


 わがうちの野薔薇の棘を数えたる記録係の夜の褥よ


 歌篇編む意思もあらずや献身を水に求める秋雨前線


 ひとがみなわれをかすめて去ってゆく ゆきさきは葡萄畑か


 肉親の肉を断つぞとおもいたつ茎いっぽんを手折るごとくに


 ささやかな願いもあらじ つじつまが合わないままの系図を閉じる


   *

 

九月になったのに


www.youtube.com

   *


 来るたびにきみを眩しむ秋の陽の干割れた壁をひとり匿う


 祖母死せり灸の痕を撫でながらわが指のさみしさおもう


 わらべらの声掻き消され一瞬の夏休みすらいまはむなしく


 駅舎にてまぎれて叫ぶ男ありわれと重なる九月来たりて


 上映せり夏の黄昏まざまざと復讐さるるわれの残像


 真昼どき夢の頭上を飛ぶ姉のまぎれなくある二度の婚姻


 いちまいの夏衣を脱げり初秋にてみなが脱皮を遂げるごとくに


 〈季節よ 城よ〉ランボーの詩句をつぶやく燕麦を煮る


 手のひらに雲をかざして立ちすくむ映画のなかにだれもいなくば


 窓に立つレインコートよ秋霖の夜をさまようわれの模造か


 たったひとつの夜を阻まれうろたえるわれは膣内射精障碍なり


 信号が変わる瞬間 ふりかえるだれもいないという妄想あって


 かまきりの死骸を見つけふとおもう死にふさわしき土地などあらず


 散水機涙のように水垂らす心あらずもゆれる視界は

 

   *