みずから書き、みずから滅ぶってこと。

中田満帆 / a missing person's press による活動報告

36回転/固形タイプ


 とうとう36になった。あと4年で40男のできあがりというわけだ。特別、意味があるわけでもない生活。今月も先月とおなじように経済的に追いやられてる。いや、みずからを追いやってる。くだらない古本蒐集をやったり、食生活を無理に変えようとして、残金の少ないなかで、多くの決断を強いられてるというわけで、おれはブルージー。そしてジャンプできない高みを見あげ、じぶんの変化をもっと意識的に早めなくてはとおもう。とりあえず、きのうから酒をやめた。そして買いすぎてしまった、まずい燕麦を喰ってる。金があるうちにパスタでも買っておけばよかったのに。身近なひとも恋人もいない36年。仕事探しに失敗して、湿気の多い室でダニのように這い回る。よせば、よかった。詩歌なんかやるのは。でも、そうはいっても20年以上、やってきたことなんだ。いまさら宗旨変えもできそうにない。書くことが薬や救いになるときもあるし、じぶんのなかにあたらしい物語を見つけることもある。どうやって、最期まで成し遂げるか。それだけだ。
 今月は文学フリマ用の在庫をさらに発注した。短篇集と長篇小説と無料配布詩集だ。来月は非売品の詩集を発注して終わり。なにか、善い兆しがあるといいが、いまのところはなにも見えない。

 

  (無題)
 
 午過ぎから夕方までブコウスキードキュメンタリー映画を観た
 かれの流儀、かれの方法がなにかおれに役立つかを考えながら
 もちろん、そんなものなにもないし、
 かれがセリーヌについていったみたいに
 だれにも勝ちめなんかないってうことだった
 どこへもいきつくことのない舟と、
 果てないように見える人生
 かつておれがだれかであったような、気味のわるい感触
 売れぞこないの在庫にまみれた室で、おれは36回めの誕生日を迎える
 酒浸りでなにもできなくなってもまだ、じぶんの成功譚を夢見る、
 光りに焼かれつづける、うち棄てられた冷蔵庫のような人生
 詩には勝ちめがない、そんなたやすい事実をタイピングしつづけるおれは、
 いったい、なにをまちがったのか
 雨は暮れどきにむかって降り止まないでいる
 飢えることへの怖れ、
 金がなくなることへの怖れ、
 まったく無名のままでうずきに曝され、
 またも裁きを受けることへの怖れがずっと、
 したたかにおれの人生を回転させるんだ、ずっと、ずっと速く
 
 気づくと洗濯にいく金もない
 水まわりは汚れ、
 溜めた衣類からひどい臭いがする
 だれもちかよらないおれの室
 もう何ヶ月も他人と話なんかしてない
 ずっと遠くで鳴ってるサイレンは
 いつ、ここに到着するのか
 くそ、またもしくじった
 ばかげた買いものをしまくった
 黄ばんだ古い本たち
 古いシャツや古いズボンたち
 どうすることもできない速さで人生が進み、
 あらゆる企みが手を着けられないままに遠ざかる
 どうしたものか、おれは腹ばいになってデニス・ジョンソンを読む
 そしておもう、――失ったものを取りもどそうとしないこと、
 他者を怖れるあまり、かれらを模倣しようとしないことなんかを。

 

mitzho84.hatenablog.com

ジーザス・サン (エクス・リブリス)

ジーザス・サン (エクス・リブリス)

 

短篇集、オンデマンド販売開始

f:id:mitzho84:20200701120344j:plain

 

 初の短篇集「旅路は美しく、旅人は善良だというのに」のオンデマンド版を販売開始します。下記のリンクから注文できます。よろしくお願いします。

 

 旅路は美しく、旅人は善良だというのに *11
 れもんの若い木々 *47
 愛についてのみじかく、そして淡いなにか *64
 ディック・フランシスを読んだことがない *70
 家出娘 *82
 ひと殺し *84   
 からっぽの札入れとからっぽのお喋り *94
 インターネットと詩人 *100
 小説のあいまに *105
 おもしろおかしく生きて死にたい *112
 みずから書き、みずから滅びるってこと。(Reprise)*137
 オイルサーディンによって書かれた詩論 *160
 パンケーキの墓 *167
 エセ詩学の半ダース・パック *184
 犬を裁け *192
 それはまるで毛布のなかの両手みたいで *256
 光りに焼かれつづける、うち棄てられた冷蔵庫のブルーズ *279

   著者略歴 *303

 

短篇集の注文はこちら

https://www.seichoku.com/user_data/booksale.php?id=99079401

6月/june

f:id:mitzho84:20200701081040j:plain

 

06/01-6/06

 酒に溺れ、無用な買いもので金を喪う。8千円の古書を買い、7千円でポルノDVDを買った。1万近くをプロテインとサプリに遣った。それから高い本を2冊買い、CDを2枚買った。まったく計画性がない。給付金がでるまで大人しくしてるべきだった。加えて痛いのは、「【SMBCデビット】口座残高不足に伴うご入金のお願い」というメールが来たことだ。いったい、なんで決済がその日のうちに完了してないのか。あした電話するという。ダイエーで未払い状態になってるというが、いままでそんなことはなかった。

06/07

 きょうも給付金なし。iherbからサプリが届いただけだった。酒をやめられない。

06/08

 酒をやめられない。

06/09

 酒をやめられない。思潮社に電話。中上哲夫に本を渡してくれるという。森忠明先生へ電話。小説はウケなかった。登場人物のそれぞれの色がおなじといわれる。上林暁ドゥルーズの人物論などを紹介される。もっとじぶんのことを書けばいいといわれる。後日、葉書を送るという。夕方、思潮社へ郵便を送る。

06/10

 あいかわらず酒。

06/11

 森先生へ電話。推薦する本を訊く。給付金の申請サポートへ電話。申請者番号を訊くも1週間かかるという。口座に¥4000這入ってる。Amazonのキャンセル分だ。ダイエーの未精算で引かれる。

06/12

 なにもせずに酒。「文学極道」に投稿しようと詩をつくったが没。どうにも場所に悪影響されたものしかできない。

06/13

 金が切れる。おしまい。一日中眠った。

06/14

 給付金はどうやら23日以降になりそうだ。図書館から通知があったが、いかずに久々に筋トレをやった。湯浴みしてふたたびやろうとおもったが、どうだろう。いまひとつ汗がでてない。

06/15

 夢;おれを慕う浮浪者がいる。おれは目覚めて、夜のプールへ。三田市に昔あったプールだ。それがそのままある。女と知り合う。売店でいかがわしいCDが売られてる。それが欲しいが値段するので二の足を踏んでる。やがてプールのオーナーが来る。武道を教えてるらしい。そこへ土地の管理者が現れて、プールの使用時間についてオーナーに説教する。おれはいつのまにか財布を失い、探す。カードだけは見つけたが、財布がない。そこへ浮浪者がおれのために貯めた金を見つける。かれが置いていったのだ。慌てて小銭を懐にする。ふたりの男がずっと陰険におれの金を狙ってる。勝てそうにない。おなじようなプールはかつて赤坂峠にもあったとおもう。

 大きな建屋で女の悲鳴がする。女を呼ぶ声もする。そのとき、浮浪者が警官の手をふりほどいて走る。特撮ドラマのような雰囲気。ヒーローたちが駆けつけるなか、浮浪者は緑色の衣装をまとって女を助ける。おれは斜面を滑る車に飛び移る。撮影スタッフに助けられながら。車にはプールのオーナーが乗っている。運転者はわからない。

 やがて浮浪者は介助する少女とともに去っていった。大きな荷物を3つも持って。おれは車のなかへ這入る。母の車だ。おれがいこうとしてた仕事について、会社の評判がわるいという。そこへ別の少女がやってきて芝居をする。ランドセルを降ろしながら、社会問題についてわざとらしい言及。

 キャッシュカードを見ると、おれのなかまえが中田満月となっている。性別も女だ。銀行にいって変更しなくちゃとおもう。またべつの車に乗ってる。そしてまたべつの少女が芝居をする。ランドセルを降ろしながら、社会問題についてわざとらしい言及。おれはその演技と脚本に文句をいう。その場面をカットするべだというと、かの女は俳優の組合に入ってるらしく、最低限出演できる時間について述べる。組合のCM。おれは大声でなにかをいう。ビルの窓から、おれに文句をいう男。「***のモノマネなんだ」と返す。男は上機嫌で歌いだす。

 路次に這入ると、石橋貴明がモノマネで歌を唄ってる。おれにもなにかといわれるが、これといった歌がおもい浮かばない。 

   *

 4時45分に起床。朝餉に燕麦プロテイン。ファットバーナーを二錠。またしてもspotifyの支払いができてない。金がない。本来通りなら、今週申請者番号の通知があるはずだ。だからどうなるわけでもないが、23日までには給付金が入るかも知れない。

   *

 表現について。日本的私小説への接近。ストーリーを書き留めること。短歌、あと40首詠む。散文を書く。これといっていえることはない。ブログに投稿。セールスの電話。訪問するというが初耳だ。寝ようとしたところ、また電話。今度はちがう部署からだ。おれはHPを当分つくるつもりはないといった。相手はそれが初耳だったようで、営業課に伝えるといった。営業なんてサイコパスでなきゃ、務まらないのかも知れない。あるいはひとの話を聴かない大馬鹿野郎出なくちゃいけないのかも知れない。HIIT。湯浴み。昼餉。ふたり分を喰らう。手淫。午睡。アベノマスクが届く。棄てる。散歩。帰ると、DVDが届いてた。当然のこと、長谷川ゆいだ。ゆいとおれとの新生活のはじまり。2発めに突入。それからまた眠る。腹筋。夕餉に燕麦プロテインを混ぜた粥を喰った。夜になって本をいくつか捲って、詩を書いた。でも3篇で息切れ。もはやだれかの作品に感化されるということはない。じぶんのやり方で、じぶんの作品をつくるだけだと知る。HPの制作に入る。決済導入には有料プラン加入がいる。金がない。3発めをやった。プロテインと薬を呑んだ。

06/16

 眠れずに薬を余分に嚥む。7時5分、起きるも二度寝。8時半に起きる。なにもする気がない。さらに眠る。冷房装置のカタカタという音がうるさい。12時起きる。昼餉を喰う。またも寝る。15時に起きて残りものを喰う。15時45分に三宮へ。図書館で受取。上林暁はなかった。それから帰って時間の空費。手淫してHIIT。最期までできない。
湯浴み。動画を観て、22時過ぎには床についた。

06/17

 9時50分に起きる。朝餉、燕麦プロテイン。ファットバーナーを二錠。リッパーのほうが効くような気がする。給付金申請者番号について問い合わせ。郵便で報せるという。いまのところなにもない。きょうかも知れないが。朝寝。12時に起きる。昼餉。地階に降りて郵便を見る。給付金の申請者番号が届いてた。さっそく情況を照会するも、「保留中」になってる。電話する。申請書に問題があるのかどうかはわからなかった。もうそろそろ下旬だから、金が入ってもいいころなのだが。手淫。詩を1篇書く。午睡。19時過ぎまで眠る。動画を数本観る。HIITを試みるも、バーピーがうまくできない。音が気になる。階下に音が響かないかが気になる。けっきょく腹筋をやって終わる。きょうの投稿はまったくウケなかった。きのうのものとはちがってだ。ブンゴクの撰を見たが、おれやイカイカは佳作だった。右肩の「詩と詩論」とか、「在りし日の歌」云々が優良。まったくばかげてる。文学的詐術だ。おれは見るのをやめた。茹で卵を喰った。零時過ぎて手淫に及んだが、イケずに終わってしまった。

06/18

 9時5分に起きる。朝餉。朝寝。昼餉。午睡。ずっと雨。申請者番号をふたたび入力、振込準備の表示。ただし26日の予定。下旬ではないか。23日に返送したというのに。燕麦がなくなった。しかたなく売るものを決めて、外出。¥1300余にしかならなかった。失意。業務スーパーへ。それからダイエー。帰って詩を投稿したり、動画を観た。手淫。イケなかった。

06/19

 10時55分に起きる。朝餉。昼餉はなし。天理教の勧誘が来る。恥知らずで、ばかげた女。それから昼寝の際にも呼び鈴。心当たりがないから無視した。詩を方々に投稿。あとは時間の空費。性欲がまるでわかず、なにもしなかった。腹筋だけやった。

06/20

 11時に起きる。プロテインを呑む。12時昼餉。あいかわらず、つくりすぎ。午睡。これいってなにもない1日。夜、詩をふたつ書いた。

06/21

 9時50分に起きる。残りもののスパゲッティを喰い、燕麦を喰った。ブログに投稿。詩を書く。午后外出、図書館へ。帰って14時過ぎに昼餉。あとは時間の空費。20時を過ぎて夕餉。22時になってようやく「ブリキのペニス」という詩を完成させるが、やっつけ。the smithの歌いだしを模倣した。"Some girls bigger than others"だ。あとは手淫しておわり。

06/22

 9時半に起きる。朝餉。ブログに投稿。朝寝をしようとしたが眠れずにやめる。昼餉。散歩。詩を2篇書く。あとは時間の空費。夕餉。またしも過古にむかって思考してしまう。これではなにも手につかない。22:34。本を読むつもりが時間と労力のむだをしてる。

06/23

 10時15分に起きる。朝餉。ブログに投稿。午后外出。図書館へ。芸術新潮について訪ねたが、貸出中で、6人の予約があるといわれた。小銭を掻き集めて酒を買う。帰って呑み、それから昼餉。2食分を平らげた。午睡。18時まで眠る。夕餉。散歩。腹筋運動。ブログの読者が増えて47人。赤穂浪士。あたらしい詩を書いてないし、借りてきた斎藤史も読んでない。
 でっかい油虫が現れた。それまで油虫といえば、細身のチャバネゴキブリしかでたことはなかったのに。追いかけたがだめだった。

06/24

 わるい夢を見た。父に酷使される夢だ。10時5分に起きる。すぐに室を大掃除した。箒で床を掃き、掃除機をかけ、雑巾で水拭き。朝餉。昼餉。詩を投稿。15時過ぎてPCの電源を落とした。それから18時ぐらいまで眠った。起きて本を読む。「武器になる哲学」。夕餉。それからPCをつけて時間の空費。気づくと23時18分。PCを切って、本を読む。第2章まで読んで眠った。

06/25

 目覚めがわるい。10時20分に起きる。朝餉。時間の空費。HDDのデータ移動を験す。しかしやはり認識しない。最初の1回こっきりだった。あきらめて業者を探す。格安で¥9000~19000のを見つける。でも、べつにいまはすぐにデータが必要なわけじゃない。
 給付金はけっきょくあした以降。できることはなにもない。昼餉。もう喰うものがない。15:22。PCを切って、読書。でもけっきょく眠ってしまう。起きて天井桟敷の「阿呆舟」を聴く。またも寝る。本を半分まで読む。21:47。もう10時だ。眠ってもいい時間。さて、あした金が入るのか。もう喰うものがない。

06/26

 9時半に起きる。金が入るも電気料金で¥20,000近くとられた。いろいろなサイトを見たが、マックに変えるにはリスクが高すぎる。仮想環境に外付けブルーレイやなんか。諦める。ブルーレイと1TBのHDDのついたHPを買う。ヤフオクに入札、ジョイ・ディヴィジョンのTシャツだ。

06/27

 14時過ぎて起きる。ひどい宿酔い。SSDとUSBハブが届く。接続したが認識されない。けっきょくは機体の裏側の接続口を使うことで解決。伊丹十三のCDが届くもシュリンクを剥がすときにケースが破損した。内容もあまり面白くない。夕方、ジャームッシュ「デッド・ドント・ダイ」を観る。退屈な結末だった。マヤコフスキーの詩集「ぼくは愛する」を買う。柴田元幸ギンズバーグも気になったが、どうせ買うなら諏訪訳のほうがいいとおもう。しかしそれは五千円ほどに高騰。

06/28

 午過ぎて起きる。迎酒。映画を観ようとおもったが、あしたにする。古本をいくつか購入。「マルサの女日記」が¥8000以上まで高騰。ブコウスキー詩集〈1〉はどこにも在庫なし。見つかったのは、7月22日にブコウスキーの新刊がでるという情報だけだった。

06/29

 11時55分に起きる。宿酔い。14時に外出。食料品を買う。15時15分に帰宅。昼餉をつくる。映画を観るはずだったが諦める。17時に外出。幸地クリニックへ。カウンセリング室に呼ばれ、手短に現状を話した。帰っても酒。「拳銃は俺のパスポート」のサントラ届く。ボーナストラックが曲ごとにトラック分けられてないのが不満。レンタルアップの「危いことなら銭になる」DVD届く。

06/30

 12時。気がつくと裸で眠ってた。呼び鈴で目醒める。郵便受けを見る。古本で買った、ブコウスキー「ポスト・オフィス」文庫、田村隆一「死語」、そしてピックが届いた。ピックは使えそうになかった。抵抗が大きすぎる。しかたなくエレキで使ってる.67mmを使うことにした。ネット料金をきのう払ったが、利用制限がかかってる。仕方なくぷららに電話。仮解除をするという。遅い昼餉。PCを買った店からは、メモリ増設すると重くなる、注文内容変更ができない、再度注文してくれとメール。しかし、それうなれば料金を二重に払うことになるので、残高のないおれにはどうすることもできない。それでもけっきょく代引きで再注文した。居眠り。金は還ってきた。ハイボールウィルキンソンを呑んだ。室が熱くてならない。エアコンを業者に頼んで掃除して貰うしかないか。

 

週末

 


 緑色の帝国のなかで
 なにも欲しがることもなく、
 かといってひとりでいるのが寂しいときに
 心の澱をみずから確かめて、
 なんでもないような貌を気どる
 ぼくはきみが好きだっていう論証
 とくになにに持たない手で
 きみの頬を撫でるとき、
 決まって知らない人種が
 通り過ぎるのを感じるんだ
 なぜって?
 そう仕向けられたからだもの
 畸形の祝祭性のなかで
 たったひとり取り残された子供が
 馬の死骸に泣き、その死骸を喰うとき
 ぼくはいっそう怒った茎を手折って、
 ふたたびきみのなかに這入るんだ
 どうぞ、
 このろくでなしの館へ
 きみというきみが決して輝けないところで
 たぶん妄想とか、空想とか呼ばれたものをいま、
 くり返すだけなんだっていう憂鬱
 けど、もうそんなことはやめて、
 きみとぼく、
 社会と反哲学のはざまでずっと、
 取り戻せないなにかのために
 とおく、
 遠く、
 話をすればいいって、
 ひとりごちて、
 おもうときがあるって
 そうだろう?

 

浮き雲

 

 見あげればただ茫漠として、
 浮き雲の愉しさを識る
 なにかがおかしいとおもう指先の世界で
 たったひとり雲を見てる心象の果てなんか
 ぜんぶ、くそ喰らえだなんて、
 嘔き棄てたくなってしまい、
 やがてさようならの、
 余韻もなく、
 果実と、
 鉄の、
 ゆくえも知れないところで、
 碍子がゆれ、
 電話線が断ち切られるのさ
 ぼくの解剖学のなかでいまは湿った心が、
 愛善居士と名乗って、
 だれも知らない汗腺のぬめりとか、
 瓜を切ったあとの、
 生温さとか、
 どうでもいいようなことに気づくだけ
 どうでもいいようなことに追いまわされるだけ
 浮き雲は元気に
 太陽に曝され、
 浮き雲は鈍重に
 大気のなかで乱れ、
 やがて太ってしまう空欄のなか、
 ぼくは冷めた鮭を喰い、
 いま昼餉を終えようとしてるところなんだ