みずから書き、みずから滅ぶってこと。

中田満帆 / a missing person's press による活動報告

ブコウスキー「モノマネ鳥よ、おれの幸運を願え」1972年

チャールズ・ブコウスキー「モノマネ鳥よ、おれの幸運を願え」1972年

Charles Bukowski "Mockingbird Wish Me Lock" - 1972 Block Sparrow Press

 

モノマネ鳥よ、おれの幸運を願え (ブコウスキー詩集)

モノマネ鳥よ、おれの幸運を願え (ブコウスキー詩集)

 

 

 詩のおもしろさ、愉しみといったものをどう捉えるかで、詩の読み方や、書き方ってものは変わっていく。日常語を踏み外す快楽、でたらめに語る快楽、売人を数える快楽やなんか。

 おれがこの詩集をはじめて手に入れたのは25歳のころだ。おれは愛隣地区にある病院、──社会医療センター附属病院に入院していた。膵臓炎にかかってだ。医者からは外出禁止を言渡され、退屈していた。そんなとき看護婦に頼んで買って来てもらったのがこの本だった。ひどい不眠症と情緒不安を抱え、毎日を過ごしてた。はじめてこの本を読んだとき、「おれにはとても合わない本だ」とおもった。それでも読むうちに馴染んで、あるとき、「なにもかもが理解できた」気になった。

 ブコウスキーの詩は日本で受けがわるいのだろう。大して翻訳されてない。一過性のブームよろしく小説も読み尽くされて、その主要作ですら手に入らない。たとえば「Love Is a Dog From Hell」、たとえば「The Days Run Away Like Wild horses over the hills」なんか。翻訳されている2冊の詩集は、いずれも評伝によれば寄せ集めの作品というわけだ。

 ブコウスキーの作品は反文学と称されることもしばしばで、この詩集に収められている詩篇も文学らしい読みや位置づけ、文脈と行ったものを巧妙に避けている作品が目立つ。しかしそのいっぽうで文学をつよく意識した詩句も又多くある。

 

詩よ、おまえはだれのところへも出かけその男を

置き去りにする娼婦だ… …(「詩」部分)

 

 一見して文学というものからもっとも遠いことを詠いながら確信に迫るというスタイルをブコウスキーは採る。日常のささやか情景やおもいから表現行為や人間の心理といったものに迫っていく。

 この詩集では「二十五ページのパンフレット」、「ごみ収集人」、「空の豚」、「モノマネ鳥」、「鼡」、「詩」が白眉だ。もしこれらの詩のよさがわかるなら、あんたはハンクの作品とうまくやっていけるだろう。ユリイカの増頁特集を買うのもいい。

 

おれ? おれは三十歳となった、

町は四倍から五倍の大きさになった

しかし腐ってる

そして女の子たちはいまでもおれの影に

唾を吐く、別の戦争が別の理由で

起りつつある、そしておれはかつて仕事にありつけなかったと同じ理由で

いまもほとんど仕事につけない

おれはなにも知らない、おれはなにも

できない。(「鼡」部分)

 

 おれは病院で詩集を読みながら嫌悪や辛辣さがもっとも重要で、もっとも欠けているものだとおもいこんだ。あるとき新聞広告を見ながら詩を書き、それを「広告」と題した。いまおもえばひどい誤りだった。おれはみずからを苛みつづけ、また酒を呑んだ。その酔いが覚めるまでけっきょく8年もかかってしまった。

 あのころ書いた詩はもはや手元にはない。今年のいつだったか、文藝同人を主宰する青年に紙のファイルごと渡した。いまさら読み返したいとも、改作したいともおもわない。古傷みたいな詩篇にできることはなにもなかった。

 この詩集がでた’72年にブコウスキーははじめての朗読会をおこなっている。サンフランシスコのシティ・ライツ・ブックストアでのライブはレコードにもなり、いまはCDになっている。買うのなら割愛なしの「Poems & insults」だろう(おれは知らずに割愛版を買ってしまった)。

 

Reads His Poetry

Reads His Poetry

 
Poems & Insults

Poems & Insults

 

 

 この詩集はある時期のおれにとって心の支えだった。傷まみれの拳みたいな詩句がおれをよくどやしつけてくれた。今年になって再入手し、その傷痕を確かめた。懐かしかった。おれはまた再会できたんだと、表紙にむかってささやき、かつてのおれをおおもいだす。訳者である中上哲夫の詩もいい。

 

  ボヘミアン志望者はインドの貧民窟で死ね

  死ねるものなら死ね

  死ぬという台詞と詩は信じない

  死者を所有する奴は嫌いだ

  ついに死者のやさしさはおれに訪れないだろう

  おとなしい生活や民族は嫌いだ

  ベトナム人のように卑屈で卑怯で卑劣で打算的でだれにでもフランク

   な寡黙な民族が好きだ

  戦中派のきまじめな人格が好きだ

  スキーがスメタナがストライキがストリップがスカイブルーがスルメ

   が好きだ(「グッド・バイ」部分)

  

ブコウスキーと町でいちばんの酔いどれ天使 (トーキングヘッズ叢書 (No.7))

ブコウスキーと町でいちばんの酔いどれ天使 (トーキングヘッズ叢書 (No.7))

  • 作者: トーキングヘッズ編集室,チャールズ・ブコウスキー,山形浩生,中原尚哉,尾之上俊彦
  • 出版社/メーカー: トーキングヘッズ編集室
  • 発売日: 1996/08
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 
オールドパンク、哄笑する―チャールズ・ブコウスキー短編集

オールドパンク、哄笑する―チャールズ・ブコウスキー短編集

 
MONKEY vol.11 ともだちがいない!

MONKEY vol.11 ともだちがいない!

  • 作者: 柴田元幸,チャールズ・ブコウスキー,村上春樹,村田沙耶香,伊藤比呂美,谷川俊太郎,くどうなおこ,松本大洋
  • 出版社/メーカー: スイッチパブリッシング
  • 発売日: 2017/02/15
  • メディア: 雑誌
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 
ブコウスキー詩集―指がちょっと血を流し始めるまでパーカッション楽器のように酔っぱらったピアノを弾け

ブコウスキー詩集―指がちょっと血を流し始めるまでパーカッション楽器のように酔っぱらったピアノを弾け

 
中上哲夫詩集 (現代詩文庫)

中上哲夫詩集 (現代詩文庫)

 

www.youtube.com

SUZURIにてオリジナル・グッズ販売

 ずっと放置していたSUZURIのグッズ販売に手を入れてみる。もちろんこんなものが売れるとはおもってない。自己満足の範囲である。こういったところを使ってうまくやるひとびともいるのだろうけど、わたしのようなスタイルの絵はまずもって受けない。それでも手慰みに商品をあれこれとつくってみるのはおもしろい。──というわけでここにて一部紹介する。

 

mitzho_nakata のオリジナルアイテム ∞ SUZURI(スズリ)

 

 

 
 
 
 
 
 

ほとんどなにもできないままで

f:id:mitzho84:20171126224431j:plain

 

 きょうはHPをつくってみたが、大した経歴や作品があるわけでもないからなんとなく上滑りだった。Mitzho-nakata-a-missing-person-s-press

 からだを傷め、ろくな仕事にもありつけず、日を送ってる。おれはほとんどなにもできないままでこの年を終えようとしてる。きょうも惰眠を貪り、本は読まず。アンケートサイトの報酬で1000円ばかり入ったからなにか買おうとおもってる。喰うものがもうない。ネットでの金稼ぎとか、アフェリエイトだとか、クラウドうんぬんというのは実に面倒でまったく進んでない。自己宣伝とか、フリーランスとして仕事をとってくるだとか、そういったことができてない。

 散発的な活動ですら今月はできなかった。金を溝に棄てるようなまねばかり。絵も描けず、詩も描けず。気ばかりが焦り、あちらこちらへさまよってしまった。人生をよくしようとか、いい作品をつくろうだとかをやるには、あまりにもノイズが多すぎる。債務やら雑務やらでいっぱいだ。

 作品の依頼があればなんでも応えたい。それが絵だろうと、写真だろうと、詩だろうと。もしあなたが善男善定でなくても、そうであってもおれは最高のものをつくってみせる。──というわけで失敬。

 

f:id:mitzho84:20171126223841j:plain

 

 

横尾忠則 HANGA JUNGLE(仮稿)

#hangajungle #横尾忠則現代美術館

 

f:id:mitzho84:20171125131814j:image

 

 

横尾忠則全版画 HANGA JUNGLE

横尾忠則全版画 HANGA JUNGLE

 
死なないつもり (ポプラ新書)

死なないつもり (ポプラ新書)

 
横尾忠則遺作集 (1968年)

横尾忠則遺作集 (1968年)

 

 

 

   ●ブロガー・インスタグラマー向け「横尾忠則 HANGA JUNGLE」無料招待会

   2017年11月24日(金)18:00-20:00
   18:00-18:20 学芸員による展覧会解説(1Fオープンスタジオ)
   18:30-20:00 展示室内で撮影(随時退館)

 

 生憎とからだの具合がよくなかった。またもや胸の骨を傷め、咳や嚔のたびに呻いてしまう。日暮れた通りからバスに乗って原田通へ。国書刊行会刊の作品集と、パスカードを受け取る。
 この展覧会では、第1章から6章までを時代順に、そして最終章をテーマ展示にしている。

 

  Ⅰ 1968→1970 制作プロセスの作品化 版と刷り

  Ⅱ 1973→1974 楽園幻想と千年王国

  Ⅲ 1980→1984 画家宣言 ドローイングからペインティングへ

  Ⅳ 1984→1986 肉体と自然

  Ⅴ 1986→1991 名画の引用 私的絵画へ

  Ⅵ 1990→現在 今昔物語

  Ⅶ HANGA? ポスター?

 

 いつものカメラを忘れ、ケイタイで撮ったためか、ひどい荒い画像になってしまった。学芸員の解説を聴いたあと、展示を見てまわる。


f:id:mitzho84:20171125131937j:image  


f:id:mitzho84:20171125131920j:image


f:id:mitzho84:20171125131954j:image

 

f:id:mitzho84:20171125132010j:image

 

f:id:mitzho84:20171125132029j:image

 

f:id:mitzho84:20171125132047j:image

 

f:id:mitzho84:20171125132105j:image

 

f:id:mitzho84:20171125132134j:image

 

 ぼくが見ていえていちばんよかったのは第3章の「ドローイングからペインティングへ」で、これはライブ感ある素描や水彩画を、緻密な版画で表現していて、その再現性が愉しかった。

 

f:id:mitzho84:20171125132157j:image

 

f:id:mitzho84:20171125132215j:image

 

f:id:mitzho84:20171125132229j:image

 

 

f:id:mitzho84:20171125132255j:image

 

f:id:mitzho84:20171125132309j:image

 

f:id:mitzho84:20171125132325j:image

 

f:id:mitzho84:20171125132342j:image


f:id:mitzho84:20171125132417j:image

 

f:id:mitzho84:20171125132432j:image


f:id:mitzho84:20171125132516j:image

 

f:id:mitzho84:20171125132543j:image

 

f:id:mitzho84:20171125132558j:image

 

f:id:mitzho84:20171125132610j:image

 

f:id:mitzho84:20171125132625j:image


f:id:mitzho84:20171125132639j:image

 

f:id:mitzho84:20171125132650j:image

 

f:id:mitzho84:20171125131903j:image

 

f:id:mitzho84:20171125131849j:image

 

f:id:mitzho84:20171125131826j:image

 

ジューク・ボックスの時代に

ジューク・ボックスの時代に

 


 水鉄砲撃ちつくしたり裏庭を駈けて帰らぬ幼年の業

 

 美少年クロスロードにさしかかり魂しいの値をきょうも数えん

 

 翻るワンピースや物干しの彼方に失せる数千のきみ

 

 怖じ気づいて去るぼくの姿よ泥濘のなかに紛れん犯意の確かさ

 

 ロックンロールの墓を建てたい真昼どきレコードいちまいわってしまった

 

 成長を遠ざけながら歩く牛挫折したいと駄々をこねてる

 

 國薫る亡びのときをかぞえつついまだ知らないやさしい姉さん

 

 ねこやなぎ二月のぼくのまぼろしにきみの再誕として芽吹く

 

 燃ゆる納屋去りゆくすべて比喩なれど焼け残されしはきみの肖像

 

 ぼくたちのまだやはらかなうちがわにきみらしい棘をひとつ捧げて

 

 恋人のいない人生抱擁は死神さまにまかせるつもり

 

 日ざかりの駐車場にて語りあう未成年者のロードムービー

 

 花曇り鰥夫ぐらしの果てぬまま「パリ、テキサス」をひとり眺める

 

 青年のころをおもえばあまりにもかわり映えなくおれは老いたな

 

 恋というものも忘れて中年の黒い帽子の鍔に手をやる

 

 おもえばきみのようになりたかった百葉箱にもぐりこむ猫

 

 町あかりテールランプの赤色に頬染めながら過古が去りゆく

 

 旅を知らぬ少年のまえにヤッケ姿のおれはタイヤを転がしていたり

 

 ねずみいろみずいろきいろあかねいろきみはしらないぼくはくろいろ

 

 ささやかなことでもいいとぼくはいいたとえばきみの手を握りたい