みずから書き、みずから滅ぶってこと。

中田満帆 / a missing person's press による活動報告

ライブにせかされて──King Brothersを観た。

05/17


 気分がよくなかった。午まで眠り、起きて鶏胸肉の野菜炒めをつくって喰う。ライブのまえに映画にいこうとおもっていた。ところが雑務に追われ、けっきょく間に合わなかった。カラオケ屋で時間をつぶし、十三へ。電車はえらく混んでいて、つり革にすら掴まれない。そんななかで小さな女学生が無理矢理手を延ばしているのを見ていた。やがて十三。ここに来るのは15年ぶり。19歳以来だった。この町にいちばんめの妹が棲んでると最近知った。かの女とはもう10年は会っていない。このさき会うこともない。

 

f:id:mitzho84:20190518174934j:plain


 ファンダンゴに着くと、もう最初のバンドが楽器を調整していた。店内ではゲンスブールの「Quand mon 6,35 me fait les yeux doux」が流れている。おれはジンジャエールを呑みながら観る。folk enoughはえらく演奏が拙かった。しばしばリズムは崩れるし、ギターはピッキング・ミスをしていた。英語の歌詞は発音がわるい。客のなかには6人ぐらいだったか、白人もいた。けれどかれらは気にしないようだ。ノっている。つづいてのand Young...。ベースレスバンド。わるくなかった。ギターがいい。巧い。ギターボーカルのほうではなくて。音作りがおれ好みだ。かれの手許ばかり、おれは観ていた。ギターがストラトだというのもいい。

 


Gainsbourg Percussions - 4 Quand mon 6,35 me fait les yeux doux


 そして最後にキングブラザーズ。「スパイボーイズ」で始まる。音響のわるさか、歌がよく聞こえない。「★★★」や虹盤からも1曲やった。以前にキングを観たのは「KANPAI神戸」という4年ほどまえのイベントだった。そのときと較べると、音がわるい。演奏が粗いようにおもえた。そしてケイゾウは肥えたなとおもった。かつてのような精悍さが感じられなかった。髭も似合っていない。おれはおれのなかでこのバンドが過古の産物であることをおもい知った。喪われた時代の一部分でしかないのだ。昔、「factory」が配信していたライブ動画や、SSTVの「宴」にあったような毒気がすっかり抜けていた。あるのはただの勢いだけだ。もし高2のころ、赤盤で知ったころにライブへいっていればもっと愉しめたのではないか。「マッハ倶楽部」でマーヤが観客のうえをダイブして流れていく。もはやお馴染みの光景なんだろう。時折かれの腰や足に触れてみるが、なんとも苦々しい気分だった。これじゃ予定内調和じゃないかとかぼやき、うつろに腰をふり、首をふった。

 ライブが終わった。The Velvet undergroundの「I'm waiting for a man」がかかり、やがてストーンズの「She's a rainbow」に変わった。メンバーが降りて来る気配はない。ドラムセットを写真に撮るも、ストロボが作動しない。あきらめて出た。他人に期待したってしょうがない。じぶんの音楽をやるしかないと自戒しながら、駅へもどる。まえを歩く女の子たち。ひとりが「ケイゾウさんと眼が合った」といっていた。帰ると11時過ぎ、急いで眠った。仕事があるからだ。

 


The Velvet Underground & Nico- I'm waiting for the man

 


Rolling Stones She's A Rainbow 1966

 

   *

 

f:id:mitzho84:20190518174843j:plain

f:id:mitzho84:20190518174901j:plain

 

KING BROTHERS

KING BROTHERS

 
KILL YOUR IDOL

KILL YOUR IDOL

 
THE FIRST RAYS OF THE NEW RISING SUN

THE FIRST RAYS OF THE NEW RISING SUN

 
13

13

 

 

おれの本棚に気をつけろ!

 あーっ、なんてことだ。

 

f:id:mitzho84:20190515194440j:plain

 

 この本棚は無印良品で買ったものだ。およそ7年まえに。表面を紙やすりで削り、塗装した。本をどかすと、森山大道の写真が貼ってある。──その本棚がそろそろいっぱいだ。危険だ。醜怪だ。ちなみにいちばん上にあるのはポルノ本やソフトだ。ラインナップはいまのところ、教えられない。

 ともかく早いところ本棚を買いたいのだけれど、また塗装するのかと考えれば頭がおもい。べつにせんでもいいのだけれど、おれのなかのおれがやりたいといっているのが悩ましいところだ。

 

f:id:mitzho84:20190515194149j:plain

 

高橋恭司の写真集が5冊もある。安部公房は読んでない。映画「ラブ&ポップ」についての本はなかなか揃えるのに手間取った。「アウトローに挽歌はいらない」はアクション俳優へのインタビュー集である。奥には石ノ森章太郎仮面ライダーBlack」とジェイムズ・エルロイカミュ

 

f:id:mitzho84:20190515194209j:plain

 

 最近、写真の指南書を買ったものの、通読はせずじまい。サニーデイ・サービスのバンド・スコアも買ったが、ちょっと弾いてみただけ(おれはリズム感覚がわるいのがわかった)。山本美希の「ハウアーユー?」はよかった。右端は横尾忠則の画集。奥にあるのはジェイムズ・サリスなどのミステリー。

 

f:id:mitzho84:20190515194227j:plain

 

 こっちはブコウスキーだらけだ。原著も2冊ある。あとシオランバスキアヴェンダースサム・シェパード、映画「ベティ・ブルー」のパンフレット、「酔いどれ詩人になるまえに」のパンフ。

 

f:id:mitzho84:20190515194239j:plain

 

 今年になってようやく大友克洋AKIRA」を読んだ。ほかの作品は入手していたのに、どうしてか遠回り。あとはブローティガンの詩集、北井一夫の写真集、斎藤潤一郎「死都調布」、モンキー・パンチルパン三世」、勝川克志作品など。

 

f:id:mitzho84:20190515194255j:plain

 

 こっちにはチャンドラーの原著、ハル・ハートリーの小説、映画評論シナリオ、いのうえ梨花の写真集、そしてわが師・森忠明の本、藤原新也の本がある。

 

   *

 

 さて、どうしたものか。

 

                                 つづく

 

The mad broom of life

The mad broom of life

 
ロードムーヴィ (リトルモア ポストカード ブック 001)

ロードムーヴィ (リトルモア ポストカード ブック 001)

 
犬の記憶 (河出文庫)

犬の記憶 (河出文庫)

 
仮面ライダーBlack 文庫版 コミック 全3巻完結セット (小学館文庫)
 
ハリウッド・ノクターン (文春文庫)

ハリウッド・ノクターン (文春文庫)

 
全Y字路

全Y字路

 
ドライヴ〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕

ドライヴ〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕

 
死をポケットに入れて (河出文庫)

死をポケットに入れて (河出文庫)

 
Factotum

Factotum

 
AKIRA(1) (KCデラックス)

AKIRA(1) (KCデラックス)

 
ブローティガン 東京日記 (平凡社ライブラリー)

ブローティガン 東京日記 (平凡社ライブラリー)

 
死都調布 (torch comics)

死都調布 (torch comics)

 
ともきたるー空谷跫音録

ともきたるー空谷跫音録

 
ねながれ記 (銀鈴叢書)

ねながれ記 (銀鈴叢書)

 

 

fiction

 

f:id:mitzho84:20190504093829j:plain

 

 おまえら
 うそをつくな
 さみだれをたたえよう
 いつかたどりつくまえに
 くたばっちまおう
 花びらだわずか
 どうなってるんだって
 いうな花の名は
 いなうな花の字は
 おまえら
 ほえかける
 あの子のおもかげ
 そんたくのはて
 あこがれはつめたく
 するな逃げるなと
 するな終わらすな
 どうなってもfiction
 fiction

 

  くらかげはやがて雨に
  ぼくはいまだ
  なまえを
  なまえをかけずにいる

 

 夏のおもいでは
 みかたにならない
 くもすじをたどろう
 きっとやれるから
 花ぐもりわずか
 きっと欲しいままさ
 いうなきみの名は
 いうなきみの字は
 おまえら
 よびかける
 あの子のうしろすがた
 そんなで淋しいと
 あこがれはそっけない
 うしろむくな
 うしろむくな
 どうなってもfriction
 friction

 

  くらかげはやがて雨に
  きみもいまだ
  なまえを
  なまえをかけずにいる

 

東京(今月の歌篇)

f:id:mitzho84:20190429104442j:plain


  *


 銃後には雨が似合うといい洩らす少女のうなじ白く光りぬ


 ぬばたまのひとみのなかをちりぢりになっていつしか亡命者のような雨降る


 意味のないなみだが流れながれ去るついに来なかった再会のとき


 たずさえて鞄のなかにゆられたる成熟以前の詩人の種子は


 こころあれば教えて欲しい花のむくろをだれが着るかを


 くずれつつ街区取り残され海のふたたび満ちるを聴く


 わがうちを駈けて帰らん一条のなみだのようださらばサラトガ


 まだ知らない、濡れた唇、雨模様、下の句のない男の俳句


 とき遙か経てはふたたび花粉となり尿となり褥となる春のかぜかな


   *


 わかれうた、またわかれうた、うたうひとみな去るを待つ


 いまさらに愛おしいとはいえなくてただ手のひらの睫毛見つめる


 咎のあるうしろ姿かゆうぐれの橋の袂に草臥れている


 経験とも意識とも現在ともつかぬまま踊るおれの皿

 
 数えていたんだろう、たぶんその声をわかつことはできないから


 子供らがまた争いの支度をしてる、ねえお母さん朝ご飯まだ?


 わからない、っていう顔してもどりみちもはやみえない春霞濃く


 それがぜんぶだっていうひとがきらい夏になったら消えてしまえばいい


 みずからのかげを厭うかすかなる振動のなかに立ったままで


 みどりいろなす水の流れよかえすがえすぼくの足許に来てやまず


   *


 だったらどうだっていうんだろうかげがきみのかおをしてやってくる


 それなりになりたいなんてかぼかいてぼくはいつまできみを憶える?


 たしかなのはぼくがもう終わりだということバナナの束遠くに放る


 ひとの名を忘れていつも気まずいとおもう喫煙室のもや


 だれとでも仲良くありぬ遠景をおもいすがって消えるひとりか


 ためいきばかりすぎる午后かななぜだろうきみは質問するぼくは問いかけず


 なれればいいぼくもちからあるひとに積み荷を零すあわれなるぼく


 木箱くずす夕べの痛みわれわれはただひとりなる生贄を求むる


 水とともに葬れるぼく腕力のなきをただただ悔やむのみかな


 ひかりさす大東京のおもかげを光りのなかにとどめたりけり


   * 
  

 遠ざかるつもりだって?──甘えんなよ、東京から逃げつづけて


 さかさまに産まれたる憂鬱の黒かみのなかひとりうずくまる


 それがどうしたっていうんだい、きみがいままでかぜだったはず


 廃都になっちまえばいいんだ、ネオ東京なんかできないままに


 ひとりぼっちでぼくはだれかを待ちわびるでもそのままに月のわれめだ


 なにも知らないままだったらよかったんだからもういいんだよ

 
 だからってきみがぼくの善人になるはずもなく朝の外套の襞に過ぎ去る


 どうだっていい? きみがきみを知るまえにすべてが消えてしまうまま


 もう生きていたくない・ぼくは足手まといにすぎない・真昼 


 たとえればいきものなかにいて一生分の手紙を貰う  


   * 


 滅びつつありまた蘇りつつありぼくという一人称の果てのかずかず


 女の子ってよくわからない旅の終わりほほえむ声を聴きてなぐさむ


 ねじ曲がる都市太平洋に散乱するきらきらとしたがらすの曲線


 喪いたくない失いたくないとくりかえしながら最後の匙を投げて捧げる


 なんだってこんな現実にいるだよ気分はもう戦争じゃないか


 キマイラのような笑みして沐浴する・きみはもう死ねない


 だってもう少しすればもどることできる消えることもできる電信柱


 おとを発てちゃだめだよふるえてるのはきみのせいだ柞畑


 戦車でいっぱいの都市だ、濡れた歩道橋からきみをいま見ている 
  
 
 たわむれることもなくただ立っている鉛みたいな銃後の水を


   * 

 

後記:最近はずっと大友克洋の「AKIRA」を読んでいた。ほかの短篇・中篇は読んでいたのに代表作はどうしたわけか、オアヅケだった。はじめて読んでみてやはりその描写力に圧巻されたし、映画版とのちがいもおもしろかった。短歌が終わり次第、絵にもどりたい。漫画を読んでいて絵に対する熱情が湧いてくるのが愉しかった。いずれ歌集をだしたら、しばらく文藝とは、はなれたい。

 

バナナな日

   *

 ニュースレター廃止に寄せて


   *

 おれの書くものをどれだけの人間が好んで読むのかはわからない。おれのなにがもっとも受け入れられるのかも、あいかわらず、よくわかってない。ニュースレターはやめてしまった。登録者は14人だけど、開封率がわるい。たった3つほどでしかない。ベンチマーク・メールのアカウントは削除できないから、メーリングリストを削除した。ブログとの兼ね合い、twtterとの兼ね合いもあるし、それにもはや余剰な辞を嘔いてる時間がない。とにかく働く必要がある、早く眠る必要がある。おれはもはや気長に文章を綴ってる場合じゃなくなったんだ。だからやめた。だれも読みはしないものを易々と書き撲ってるわけにはいかない。金にも救いにもならないことはなんであれ、やめるんだ。私情の垂れ流しはよろしくない。書くべきは作品であって、それ以外じゃないというわけだ。いままで読んでくれたひとにはただありがとうだ。

   *

 きょうはずっとバナナの検品・箱流しだった。朝、コンテナの仕事だといわれ、港まできたというのに、始業直前になって「5階へいってくれ」といわれる。5階とは別棟にあるバナナを検品する場所だ。またバナナだ。まったくバナナな日だ。いつか「バナナな日」という短篇を書こう。まあ、というわけでふつか連続してバナナだった。そして女たちがおれに質問する。かの女たちはひょっとしたらアンケートでもやってるのか、日本秘密警察の内通者かも知れない。きのうだって、居住地、出身地、出身中学、出身高校、家賃、室の広さ、だれと棲んでるのか、恋人はいたのか、前職、次の仕事はなににするのか、帰ってなにをするのか、──などという。どうだっていいじゃないか。興味を持たれるのがいやだというわけでもない、ただ単発で、なににも発展しない、そしてセクハラまがいのやり口に辟易する。かの女たちには知性がないのだろう。でなければおれがかの女たちを恐怖しているのかも知れない。あるいはその両方かも知れない。
 きょうは好きな球団は?──好きな芸能人は?──芸能人ではだれに似てるっている?──云々かんぬん。わたしはしばしば怒りそうになりながら、あるいは西村賢太ふうに怒っている自身を想像しながら過ごした。耐えた。まったくひとを品定めするような戯言をいいやがって、なんて低俗な女なんだ。ぼくはそれを韲えて我慢してやってるというのにそれに気づきもしない愚鈍なくそ女どもめ!──もちろん、こんなことはいわなかった。そして気づいた、会話とは回答と質問をくり返すことであるということが。苦節34年にしてようやく答えだけをだせばよいものではないと気づく。千両、千両。
 帰りがけ、作業着のポケットに中古で買ったイエマの腕時計を忘れたことに気づく。三宮で電話を掛けるも繋がらず。あしたの朝、電話をするつもりだが、だめだったら安い時計を買うしかない。帰ってまたサラダとカルパスとシメサバを喰った。それから欲しいものをネットで探し、洋書1冊を買い、けつが痛くなるまで坐ってる。こうして文章を綴っているのは、あしたが休みだからだ。それ以外に理由はない。

   *

 それにしても、もはやネット詩は終わった。もちろん、それはおれにとって興味を抱けるネット詩のことだ。もう10年そこらにあった活気はない。投稿者は減り、死臭が漂ってる。夢は失せ、馬はくそをひりだす。禄にものを読まないひとびとが互いの腋を嘗め合ってるみたいだ。現代詩はおろか近代の叙情詩だって知らない連中が薄甘い、歌謡曲をやらかしてる。ばかげたことだ。詩を書いてられるような余情な生活などなくなったんだ。金のために、暮らしのためにみな老いていく。情況はよろしくない。試みや文体を持った連中はどこかへ去ってしまった。そして禄に読んだこともない連中が好き勝手にやってやがる!──だからといってそこに、ネット詩なんかにしがみつくのは憐れだ。たとえば、"いかいか"こと"01 Ceremony.wma"の「死体の批評、そして現実と夢」 を読んでみる。なにも変わらない人間がそこにいる。かれはずっと呪詛を垂れてる、おなじことをプレイバックしてる。気に喰わないものに噛みついてる。まあ、それがセリーヌシオランばりに透徹してりゃおもしろいかも知れないけど、実際つまらない。──もしある場所で、じぶんと同等か、それ以上の人間に出会えなければ場所を変えるべきだ。さもなくば認識を変えるしかない。ネット詩が救いようもないけつの穴ならば、そこからでていくしかない。おれはとっくにわりきってる。ネットに投稿するということも、だれかの書いたものを読むということもだ。もしかしたらかれはかれなりのセラピーでも築くつもりなのかも知れない。おれはそんなおぞましいことを考えるほどお気楽じゃない。ただいったいいつまでつづけるんだといいたくなる。いったいいつまで土を掘り返すのかと。詩で人生を狂わせるなんてまったくの冗談だろ?
 おれにとって詩はけっきょく物語が書けないための埋め合わせでしかなかったようにおもえる。熱は冷めてしまった。ただあるときふと書きたくなる。でも、できあがるのは短歌という1行詩てなわけだ。わが師・森忠明はこう書いてる。曰く《小説も写真もいいが、あくまでも「大歌人」ミツホが原点だぜ》と。おれは現在詩からとっくに放逐されちまってる。ほんの時折、いいのもあるが、ほとんどはごみだ。そしていまではごみをつくることも少ない。他人についていうなら、たわけた筆名ででたらめなものを書き綴ってるやつらなんか、下水を流れていってしまったほうがいい。そしてブコウスキーを借りていえば、詩人よりも配管工のほうがありがたい存在だということに限る。──おれは手のうちを明かしたぞ、おまえはどうする?

   *

 ところで十三ファンダンゴがなくなるそうだ。キングブラザーズがライブをやるらしい。15年ぶりにあそこでハイネケンでも呑みながらライブを眺めたいものだ。

   *

 


KING BROTHERS 消えうせろ


男は行く/KING BROTHERS


KING BROTHERS - マッハ倶楽部

 

死都調布 (torch comics)

死都調布 (torch comics)