みずから書き、みずから滅ぶってこと。

中田満帆 / a missing person's press による活動報告

僕(今月の歌篇)


   *


 秋の月まばゆくなりぬ半月に世界のすべて託し給えよ


 星の夜に水の魚は光りけり葬場の鐘に跳ねあがりたり


 秋月にあずける恋よひとびとのなかにふと迷えるおもい


 標なき十字路にただ立ちながら炎天に燃ゆる蠅をば見つむ


 秋の雨ひとかげみなのまなざしをただわれと結べる土曜の午


 早秋の光りのなかにさまざまの魚の泳ぐきみのまなこは


 水のないプールのごとくからっぽの水槽抱いて少年泣きぬ


 乾く蓮葬場の果てに生えておりわれ昏々としてそを見つむる

 
 静かなる時代よいまだ死の灰を喰わずして存ることはできず


 遠きわが父の死を望み延々と遠沖泳ぐ少年を見る


   *


 秋風やひとより遅く学ぶゆえわれひとりのみ労役となりぬ


 若者よさらばあかとき来ずものとひとりつぶやいて徒寝のとき


 ぼくというものの卑怯よ秋の陽の光りに曝し羞ずかしめてる

 
 big muff 踏む一瞬の足許を月蝕がみな浚っていった


 星月夜きみの夢へと訪れていつまでもただ手をふってたい

 
 ひとの世の淋しさばかり聴くせつな語るせつなに眠れる鉛


 日本語の律と戯れて日蝕に奪われながら海に佇む


 ひとのなき砂のうえにて口遊むカチューシャの唄ただおぼろげに

 
 雲路追う少女のひとり呑みながら秋霖はただすべてを洗う

 
 かぜに倣うぼくの両の手いつかしらきみをおもって泣くこともなく


   *

 
 だれにでも愛と笑いの夜があり西部の町に涙を忘れる


 恋という終列車を乗り過ごし朝の路上に死ぬる犬たち


 黄昏れるきみの時計の文字盤の小さな疵のような失恋


 長方形の海を夢見る午后はるか遠き町へと砂をばら蒔く


 もどることもない刻む針は高く時計を越えて国境を飛ぶ

 
 漁り火も明ける朝にはいっぽんの流木を抱いて町を歩きたい


 語られることもなかりき物語の標本となるぼくの余生は


 雲走る彼方へ水はまっすぐと河となり海となり雨となる

 
 ぼくの実態は水だ!──水を呑む男はコップのなかへ消えてった

 
 そしていまどこまでぼくの詩篇にはだれが歩いてだれが泳ぐか?  


   *

 

www.youtube.com

 

 

未完成

未完成

 

 

august/8月

 

   *

 

 さすらえば鰥夫の身こそ倖せとおもい果てたる真夜の駅舎よ

 

 晩夏訪れてたったいま淹れる珈琲の湯気に消ゆるすべての死者は

 

 暮れる丘奇蹟の粒もなきがまま天然の美を湛える河や

 

 濡れそぼつ聖母のごとき裸婦像やわれを見初めて連れてゆかんか

 

 草木の燃えあぐる夏いくつものおもいでたちをいずこへ葬る?

 

 かつてわがものたりし患いのすべての因果、父に求むる

 

 たえまなき少女絶唱おくびょうな霊(たま)のおもざし街燈に見ゆ

 

 ふたたびを求めていつか完きの存在というものになりたきかな

 

 炎上する聖家族の梁や棟、ぼくの愛するものは消えゆく

 

 いつか会えるだろうとおもいながら齢を重ねて消える幻し


   *


 おそろかなる不運によって幸運を授けられたるわれの人生


 
 ひとの世の角を曲がれば深甚と迎え入るるはかの女の幻影

 

 うつし世にあまねくありぬ銃眼のすべてに曝すわれの詩篇


 
 かげろうの歌ひとり聴くひねもすにたれかを欲すこともなきまま

 

 水翳にぼくは顔を埋めながら果たしてどんな道を求める?

 

 ひとびとは過ぎず時間のみ過ぎてぼくはふたたび眼をそらすかな

 

 いくつかの面影われを連れ去って幾多の夢の残り火を見せ

 

 呼び声は遠く幽かなところにて両の手をいまひらきをるもの

 

 たわむれを暮らしの燈しとして生きかつてのことを忘れようとす

 

 和解することもできずに肉親とゼロへと還る支度をなせり


    *


 時というときのはざまで揺れているモーテルの灯よぼくにたなびけ

 

 深夜見る海の暗さよ黒い波繁船のなかにみな閉じ込められよ

 

 うつろなるときの雫よ無神論者として生きるぼくを嗤え

 


 あらゆる神は妄想に過ぎぬといい貶めらるるものに手を差し伸べて

 

 垂直の人間足り得、わずかなる信を授けらるる僥倖を待つ

 

 あたらしき浮き世に生きてひとびとのうつろをただただ遊び生きたり

 

 かつてまだ青年だったときおもい、ひとつの星に寄せるまなざし

 

 でもぼくはきみのようにはなれまいと零す永久凍土の詩篇

 

 かのひとの長き不在よまざまざと暴かれてゆくぼくの惨めさ  

 

 うまくやりおおせればいいと口遊み、かれはいまだに佇んでゐる

 

 8月の遠き御空に落ちていくすべてのもののための駅舎よ
 

    *

 


bloodthirsty butchers/august/8月

詩画集「世界の果ての駅舎」限定無料公開

f:id:mitzho84:20180416121143j:plain

世界の果ての駅舎


 またも詩集を公開します。紙版が欲しい方は「製本直送」のオンデマンド印刷までお願いします。販売もしております。また喜捨をくださる方は、三井住友銀行・藤原台支店 普通 7489267 までお願います。御自身で印刷される方は、可能であればこの詩集を気に入りそうな方たちへ配布してみるものいいとおもいます。


跋文「何時くるかキイ・スミス」森 忠明

 三月末、筑摩書房から『1968 文学』なるアンソロジーが贈られてきた。四方田犬彦福間健二が篇著である。ひらいてみると私がセブンティーンの頃に作った長詩が二篇載っていた。中上健次永山則夫の詩にはさまれて。解説で四方田犬彦が「時代をすぐれて体現しているにもかかわらず、不当なまでに蔑ろにされたり、また一度も照明が当てられることもなく、忘却に付されてきた文学作品」だけを選んだ、と記しているのをみて、久しぶりに微苦笑の美を味わった。
 のっけから私事で、何を言いたいのかというと、中田満帆のこの詩集も五十年ぐらいは「不当なまでに蔑ろにされ」るだろうな、ということである。
 当時十代の私には拙詩と自分の価値などわからなかったし、半世紀後の今なお分からない。エジャクレーションに似た快感があったのをおぼえている。本来、暗数としての詩と天涯淪落の詩人に学者流評定は無粋の極みであるわけで、たとえ蔑ろにされたってどうともないのである。

 

 

 『世界の果ての駅舎』──正直、この詩集の真価も分からない。あとは好きか嫌いかしかないだろう。文質彬彬を理想とするガラパゴス系の私としては、「文」に傾きすぎた彼の詩よりも短歌のほうを高く買っている。あえて選べば「檻」という詩が好きだ。〈どうか信じて欲しい/ぼくというぼくが/新しい事実のための/かげだということを〉。
 生という人間動物園の檻から出て自由になるためには、「かげ」という名の解錠キイがどうしても必要であり、〈ぼく〉はその一要素だ、といういささかのヒロイズムがいい。でも〈ぼく〉は、そのキイの鍵穴の位置も、永劫に分からないものなのだ、ということも分かっているらしいことに泣けてくる。それゆえに悶えすぎる詩や悟りすぎる詩が多い詩集であり、やはり真の読者を得るには半世紀を過ごさねばならないように思われる。
 しかし「かげ」という無聲が、あらゆる有聲(文学)に勝ることを、かの白居易ならずとも音楽家であり画家でもある中田満帆は知っている。生あるうち、檻の鍵穴とはちがうホールやマウスを見つけだした彼は、独りジェイル・ブレイクに成功するかも知れない。そうしたら新たなキイ・スミスとして、詩か、それ以外の合鍵を気前よくばらまいてくれるはずだ。
 「檻猿いまだ死せず」──私は楽しみに待っている。

 

詩人・童話作家

 

世界の果ての駅舎──詩群2014-2016.pdf - Google ドライブ

3rd-poems-2.jpeg - Google ドライブ

 

以下、販売先

www.seichoku.com