みずから書き、みずから滅ぶってこと。

中田満帆 / a missing person's press による活動報告

詩画集「世界の果ての駅舎」限定無料公開

f:id:mitzho84:20180416121143j:plain

世界の果ての駅舎


 またも詩集を公開します。紙版が欲しい方は「製本直送」のオンデマンド印刷までお願いします。販売もしております。また喜捨をくださる方は、三井住友銀行・藤原台支店 普通 7489267 までお願います。御自身で印刷される方は、可能であればこの詩集を気に入りそうな方たちへ配布してみるものいいとおもいます。


跋文「何時くるかキイ・スミス」森 忠明

 三月末、筑摩書房から『1968 文学』なるアンソロジーが贈られてきた。四方田犬彦福間健二が篇著である。ひらいてみると私がセブンティーンの頃に作った長詩が二篇載っていた。中上健次永山則夫の詩にはさまれて。解説で四方田犬彦が「時代をすぐれて体現しているにもかかわらず、不当なまでに蔑ろにされたり、また一度も照明が当てられることもなく、忘却に付されてきた文学作品」だけを選んだ、と記しているのをみて、久しぶりに微苦笑の美を味わった。
 のっけから私事で、何を言いたいのかというと、中田満帆のこの詩集も五十年ぐらいは「不当なまでに蔑ろにされ」るだろうな、ということである。
 当時十代の私には拙詩と自分の価値などわからなかったし、半世紀後の今なお分からない。エジャクレーションに似た快感があったのをおぼえている。本来、暗数としての詩と天涯淪落の詩人に学者流評定は無粋の極みであるわけで、たとえ蔑ろにされたってどうともないのである。

 

 

 『世界の果ての駅舎』──正直、この詩集の真価も分からない。あとは好きか嫌いかしかないだろう。文質彬彬を理想とするガラパゴス系の私としては、「文」に傾きすぎた彼の詩よりも短歌のほうを高く買っている。あえて選べば「檻」という詩が好きだ。〈どうか信じて欲しい/ぼくというぼくが/新しい事実のための/かげだということを〉。
 生という人間動物園の檻から出て自由になるためには、「かげ」という名の解錠キイがどうしても必要であり、〈ぼく〉はその一要素だ、といういささかのヒロイズムがいい。でも〈ぼく〉は、そのキイの鍵穴の位置も、永劫に分からないものなのだ、ということも分かっているらしいことに泣けてくる。それゆえに悶えすぎる詩や悟りすぎる詩が多い詩集であり、やはり真の読者を得るには半世紀を過ごさねばならないように思われる。
 しかし「かげ」という無聲が、あらゆる有聲(文学)に勝ることを、かの白居易ならずとも音楽家であり画家でもある中田満帆は知っている。生あるうち、檻の鍵穴とはちがうホールやマウスを見つけだした彼は、独りジェイル・ブレイクに成功するかも知れない。そうしたら新たなキイ・スミスとして、詩か、それ以外の合鍵を気前よくばらまいてくれるはずだ。
 「檻猿いまだ死せず」──私は楽しみに待っている。

 

詩人・童話作家

 

世界の果ての駅舎──詩群2014-2016.pdf - Google ドライブ

3rd-poems-2.jpeg - Google ドライブ

 

以下、販売先

www.seichoku.com

冬、未収録の詩作品を公開します。


 冬頃、未収録詩作品をPDFで無料配布します。現在、編集中です。表紙つくりました。絵は’03年の朗読ライブ「地団駄ライブ! 朗読ビート!」のものです。若干ですが紙本もつくります。本書を荒木田義人に捧げます。

f:id:mitzho84:20180808195152j:plain

f:id:mitzho84:20180808195212j:plain

 

告知、詩画集と詩集、そして絵画作品の販売

あたらしい作品を販売することになりました。受注生産です。絵についきましては希望者にカタログを送ります。

 

f:id:mitzho84:20180803114101j:plain

f:id:mitzho84:20180803114122j:plain

 

サマー・ソルジャー(今月の歌篇)


(PV) サニーデイ・サービス - サマーソルジャー

 


  それは天気のせいさ──サニーデイ・サービス「サマー・ソルジャー」

 

   *

 


 

 生命の理やぶりそれほおどにきみと会いたき夏のはじまり

 

 

 水たまり飛び越しながら光りつつ最后のひとつに加えられたし

 

 

 ソーダ水の残りの滴ぱちぱちとしてコップのなかの犀目を醒ます

 

 

 はつなつの兵士のひとり走り去る丘にいっぽんのれもんの木

 

 

 叢の昏れるトーチカ銃痕の数ほどにあらんや若き友の死

 

 

 ひとを恋うる歌もてひとりふりかえる天慶の為せる愛を書きたり

 

 

 またしても雲掴もうとするようにわたしのなかの天蛙鳴く

 

 

 ひとり発つひとの在り処や青電の暑さのなかにみな息をしおり

 

 

 なにもかも霜月になればいいのだと夏の鐵路のいっぽんに泣く

 

 

   *

 

 

 あなたまだ流線型をしてるよと市電のホームに女佇む

 

 

 ひとのなき青森県の三沢にてふと雨さえも言語足り得んや

 

 

 暮れる旗わが神ならずまま暮れるやがて秋なる尻屋崎にて

 

 

 神々のビートよぼくを忘れ給い、扼するみたくぼくを抱き給え

 

 

 ひとひらの葉書に見せて擬態する七月の地をぼくに預けて

 

 

 灰かぶり姫の幸せ語りつつ蝋引きのタンブラーに安酒の父

 

 

 みどりごの不幸な結末を語りたがりぬ若きわが伯母

 

 

 ここにいて心地よければ祝福となすがよろしいと夏の祖父母は

 

 

 手相見の相場のごとくちりじりに別れゆくかなぼくの家族も

 

 

 申楽のかたちを借りてきみの語る大きな夏の崩落のとき

 

 

   *

 

 

 ゴールキーパーの汗とともに失せたりぬ国境沿いのジューク・ボックス

 

 

 たくさんの夏蝶いまも眼帯としてわれのうちなる生き物を為す

 

 

 夜のときモーテルひとり泊まり来てコップのなかの鯨を屠る

 

 

 たったひとり天仰をする警官のかげばかりなり標本製作

 

 

 唇のもっとも乾くころを見て少女の花に唾滴れり

 

 

 逃げるように駈け抜けて猶夏蝶のまぼろしとあれ脱走兵なぞ

 

 生き残るサマーソルジャーはつなつの天体図鑑に葬られたき

 

 

 あてどなきぼくという名の弁明を物干し竿に仰ぎ見たれり

 

 

 なにものも欲せず夏を一過する貨物列車に身を委ねたき

 

 

 夏を過ぐるいっぴきの猫歩くとき死の爛爛を咥えるべきかな

 


 花狂いするものみな射れよといっぱいの水に潜れるひともありけり

 

 

 

愛と笑いの夜

愛と笑いの夜