みずから書き、みずから滅ぶってこと。

中田満帆 / a missing person's press による活動報告

飛べる監獄

f:id:mitzho84:20181112122816j:plain


 長い夢の果てにおれが攫んだものはもはや茹ですぎてぐずぐずになったスパゲッティ
 でしかないことに謹みながらありがとうって
 きみの、流しそこねたうんこへ呟いたこと
 だってそうだろうよ
 熾火がいつまでも待ってくれるわけもなく、
 おれたちは堅牢さのなかで
 飢え死にが必至さ
 いったいだれが匿ってくれる?
 いったいだれがボヘミアンに仕立ててくれる?
 金はない
 あすもない
 食い扶ちもなしだ
 神戸市中央区の救護支援に与って
 カソリック教会に金借りて
 アパートメントを探すだけじゃねえか──イヨ?
 だってほらあいつの帽子が黒いから
 今度の冬は暖かいって
 だれかが呟いた
 おれ?
 かの女はおれのことを知ってる?
 それとも?
 きっと銘木の義足を抱えて
 バス停に坐ってる、
 わが痴聖どもがなにかを伝えてくれるだろう?
 えーと、
 なんの話だっけ?
 ひとびとの暗澹たるバラスト
 観念するべきなのは仏陀よりもキリストとホメイニ師だって?
 おれにはそんなことはまったくわからない
 こいつをタイプしてるいまでさえもわかっちゃない
 いったいだれのためにおれは脾兪の天使どもを盾にしてる?
 そしてきみはなんのために鯖を用いて鰺を捌く?
 ヌーベル・コミックが燃えあがり、
 モンキー・パンチが尻を焦がす
 やがてしとやかなけものみたいに熱くなったおれが天籟を焼き尽くす
 憶えろ!
 しかと立ってみるんだ、
 おれたちが天国のカリナー・ワーフへ赴くところ、
 買い物カートはおれたちで充たされ、
 やがて半額シールとともに
 ゲートを抜ける
 深くて、
 広い、
 むこう側へ突き抜けろ!
 聞えるか?
 湊川病院の閉鎖病棟の紳士淑女たち
 看護人に虐待されながら、やがて衰弱死やほんものの発狂を待つひとびと
 おれはやつらを滅ぼしたいんだ
 将棋の駒みてえなつらの後藤まどか医師よ、
 あんたはデリヘルにだって勤めることはできない
 しょーもない学位とともにして
 他人の口唇期のなかで
 さ迷ってるがいいさ
 あっこは創価学会がバックだってね?
 なるほど、だ
 所詮、精神科医など山師にも劣る
 霜山も中井もじぶんの地位を抱きながら、
 文学へと手を延すんだ
 やめろ!
 やめちまえ!
 けつでもまんこでも菅官房長官でも喰らいやがれってんだ
 ああ、そうともおれは死ぬべきだ
 死ぬべきだ
 かわいそうだねってなんて濡れごとは聞きたくない
 おまえがおれを殺すまでおれは待っていられない
 おれは死者ぐらいには自由でありたいんだ
 いいや、忘れてくれてもいい
 おれはこっからでていくさ
 なまえを剥奪してくださいまし
 そして一笑に付し、
 あらゆる臥所にTNN火薬を仕込んで
 みな殺しの霊歌を高らかにスキャットしてくれ
 良子と死にたい
 雪子と死にたい
 そのあとかなえとやっぱり死にたい
 さっさときみはおれなんかを忘れて稲垣足穂とのおまんこを想像するがいいぜ
 所詮、男の甲斐性などそのぐらいのものでしかない
 おれはたったいま韜晦と苦渋のサンバを踊ってる!
 Don't call me pain!っていったいどういう意味なんだ?
 わからない、だからもう沈んでって
 さらなる悪所へ佇んでしまいたい、
 時間をモチーフにして、
 写真を撮って、
 服を仮縫いするみたいに
 だからおれ、
 いまから、
 みな殺しにむかいます
 死んでもらいます
 幾千の脳が奔る、
 幾千の脳髄が唾を吐く、
 そんな平原のなかにあって、
 猛禽類に告げる、
 謹謝。

愛/チャールズ・ブコウスキー


        試訳=中田満帆

 

 ラヴって、かれはいった、おたわごと
 おれに別れのキスを
 おれの唇にキスを
 おれの髪にキスを
 おれの指に
 おれの眼におれの脳に
 忘れさせてくれ

 ラヴって、かれはいった、おたわごと
 かれは3階に室を持ってた、
 1ダースの女からふられた
 35人の編集者から
 そして半ダースの出版業者からも
 いまのわたしにはいえないな
 かれがとても好ましかったなんて

 かれはあらゆるスケを巡った
 灯りのない室で
 それからベッドへいった

 いくらか経ってやろうは
 じぶんの309号室へと赴き
 葉巻に火をつける
 広間で

 そしてソファが窓を飛びだした
 いちまいの壁が濡れた砂みたいに崩れ落ちた
 紫の火炎が40フィートも高く空を波打った
 
 そのやろうはベッドにいる
 知りもしなかったし、気にもかけなかった
 でもわたしはいうよ
 かれはきわめて好ましい
 その1日は。
  

november/晩秋の一夜


   *

 
 黒がねの馬の蹄のように鳴る吾の革靴よ闊歩、kappo!


 遠ざかるうなだれるかれ晩秋の一夜のように立ちあがれない


 斑鳩のそらよひとひら羽が落ち町全体を包む漆黒


 倦めばただ天井見つめひとときの虚ろのなかをさ迷いし哉


 黒雲のむかうところにたどり着くさまを夢見んぼくの月なり

 
 金平糖嘗めながらまた雨を待つ不安の一抹抱えながらも


 滾る慾──星のない夜を眺めつつ包まれているみずからの熾き 

 
 光る魚──狐火垂れる河面にて幾筋がまた逆らっている

 
 歎く女のまなざし遙か呼び声はぼくのからだを駈けめぐるまま


 しら風やおもざし遠く浮かび来てぼくのこゝろに寄り添い給え


   *


 鉄の肺──ふくらみきった莨火がぼくのうちにて充ち溢れてる


 長旅は夜の果てまでつづきおり永久の回転木馬たるのみ


 駈けめぐるままにさすればひとびとの跫音はただ大きくなりぬ


 暗澹とするは側溝流れたる水の弾けん音を聴くとき


 暗渠にて奔る水音ノートにて綴る濁音、恥ぢれ、馬識れ


 うなだるるわが天金の書啓くたび架空の訓示受け入れ給う
 

 緞子のように見せる判事よ裁判官よわが魂しいの少女を裁け


 霜月の凍てつく蛙喰らうたび遠き仏国の匂い味わう


 流されて来し昏睡の少女・振袖の真っ赤な金魚おもわせて眠る


 犀星の歌──口遊む「ふるさとは」いったいどこをさ迷うのかと

 
   *


 まくらべに足穂を寄せて憩いたるわれの坐像よ鏡は遠く


 土塊のひとがたばかり一夜過ぐなかに呼吸を吹き込むわれら


 噫、「虹の解体」読むは霜月よ人間機械論おもい暮らすか


 頬寄せて喃語を語る恋人の睫毛のなかに宿る晩秋


 いつになく息を乱して房ごとに密せるきみの遠きまなざし


 睦むとききみが乳房や黒髪に寝息を発てるぼくという他者〈ひと〉


 手を繋ぐそれだけでいいと嘯いていまだ立ってるふたりの遠景


 秋暮れる海よ淋しく泣いておりいまひとひらの葉書を抛る


 しくしくと波は静かにたなびいてぼくのうちなるカナエ・ミヤタケ


 いつか遭えるといいな手をふってユキコのかげに泪をくれてやる


   *

 

からたちの花


                               ユウコのために


 ユウコ、かつてのぼくはきみが好きだった
 ぼくがきみを好きになったのはたぶん、
 きみの気怠さやつらそうなまなざしがぼくの、
 ぼくの琴線に触れてやまなかったからだって
 有馬高等学校定時制課程の教室を懐いださせる
 緑色の上着に白いシャツが眩しいきみの
 うつむきが情報処理室の机に見えるとき
 ぼくはずっときみをうしろから見ていたんだもの、
 それは当然のことさ
 いまならもっと素直になれたものを
 それは鰥夫の悲しさゆえの過ちにすぎないのか
 不良たちにからまれ、やくざの情婦に脅迫されながらも、
 ぼくは懸命するぎるほど学校生活に耐えていた
 ボルネアの奥地に佇むカーゴ・カルトや、
 あのヴェトナムでのカーツ大佐のように耐えていた
 きっと核戦争はとうに過ぎ去って
 残されたのは桔梗の花
 当惑と錯誤のなかで
 きみの存在だけがぼくのなかでずっと大きくなりつづけていた
 あるときはバスケットの試合でぼくはなにもかも放棄して
 体育館に突っ立っていた
 きみはぼくをからかったね
 すごく怒りに燃えた
 でも、
 ぼくはきみを憎むことなんかできなかった
 ずっと忘れていた、とても大きな感情が
 ぼくのなかで拮抗し始めたんだ
 あるときぼくは知った、きみがフリースクール出身だって、
 きみもぼくとおなじく虐めを受けていたって
 きみは10年も年上の男とつきあい、
 まわりを子供だといっていたね
 ぼくはそいつを聴いて
 たまらなくなった
 斑鳩のように飛んでしまうなにかがぼくのなかで芽吹き、
 梨の木のように落雷とともにして深夜の庭で、
 裂きひらかれてしまいました
 枳はひどく甘い匂いがする
 ぼくはその匂いがきらいなんだ!
 なんだってきみに惹かれなくていけないんだ!
 倒木のまわりを這いずり地栗鼠のような、
 滑稽な仕草がぼくの心を掠めとって、
 あたかもぼくが罪深いなにかのようにして、
 天神の丘に嬲られた救いがたい孤立者を投影しつづける
 ぼくはきみの友だちのチエミとばかり話をしていた
 なんとかしてきみに繋がることを期待していた
 すっかり溶暗した舞台のそでで、
 ぼくはきみに出会えるときを
 空想していた
 でもきみはコンドウなんていうでぶの誘いで、
 一緒に下校してしまった、って、
 なんと芽毟り仔撃ちか! 
 2年にあがって
 きみはヤンキーどもに感化されたのか、
 ばかげた赤いパーカーを着て、
 髪を染めてしまった
 そしてぼくは酒を呑むようになった
 疎外感のなかでなにもかもがうとましくてならず、 
 あるときみんなのまえでウィスキーを喇叭呑みした
 それがばれてぼくは停学を喰らい、
 反省文を書いてた
 不意に入って来たきみたちに戦く
 字、
 きれいだねとチエミがいい、
 もうわるいことしたらだめだよって
 ユウコはいったんだ
 でもぼくはやめられずに
 落第してしまった
 長い羞恥のなか、
 きみはいった、
 ナカタくん、さっき坂道歩いてたねと笑う
 ぼくらはまた話すようになった
 ある夜、三田ボウルの地階にあった、
 古買屋でベン・フォールズ・ファイブを見ていたら、
 きみが話しかけてくれた
 仕事なら紹介するって
 いわれたけれど、
 きみの評判を穢すかも知れないって、
 けっきょく頼まなかった
 修学旅行でディズニーランドへいったとき、
 きみにせがまれて縫いぐるみを買った
 嬉しくてうれしくてしかたがなかったんだよ
 眠り顔の熊の縫いぐるみ、
 もはやきみは持っていないだろうけどね
 生活体験発表できみが作文を読んだとき、
 ぼくはべつの場所にいた
 翌る日、きみの作文が読みたいってぼくはいったけれど、
 きみはぜったいに読ませないって笑いながらかぶりをふった
 とってもかわいかったよ
 きみはどっかの制服を来て、
 それを笑うぼくに膝蹴りをしたっけ
 きみの仕草やふるまいがどれほどぼくを高ぶらせたかなんて、
 とてもじゃないけど語ることはできない
 卒業生を送る会でだった、
 ぼくは山田先生のお膳立てで、
 「魔王」を読んだ、
 滝廉太郎の「憾」をバックにして読んだ、
 ジャズ・バー「♪」の宣伝もやった
 だれかが笑った
 でもきみはふりむいてくれなかった
 そのままやがて卒業になって
 なにもかもが溶暗していくなか、
 たったひとりでぼくは苦い風土に耐えながら、
 きみのことばかり考えていたのだから
 いまならいえるよ、
 きみのことが好きだったって
 でもきみがどこでどうしてるのかもわからない
 チエミとは卒業後にいちどだけ会った
 歩道橋のうえで
 そのころぼくはひどく太ってしまい、
 それをかの女に指摘されて
 うろたえながら雨のなかを歩き、
 やがて夜の神聖さに躓いて、
 なにもかもがまったく、
 くだらないと嘯きながら、
 きみに会えないのを呪った
 1年まえ、ぼくは三田にいった
 先輩のやってる喫茶店にいったけど、
 もう店は閉じていた
 もしかしたらきみの消息がわかるかも知れないって
 おもったんだけど、だめだった
 できたら今年の冬、もういちど挑んでみるさ
 襟をゆらしながらきみの町までバスに乗って、

 たったいちどでいいからきみに告げたい
 あまねくものが過去形を執っても、ぼくはここでそのときを待っている
 さよなら、ユウコ
 いつか会えたらいい
 さよなら、かつてのぼくよ
 いつまでもそこに立っているがいいさ
 枳の花のなかで拡散していくおもい、すべて解き明かされるまえに、
 ぼく自身がすべてを解きほぐしてあげるから、待っていて!