みずから書き、みずから滅ぶってこと。

中田満帆 / a missing person's press による活動報告

ぼくの足は冷え切ってる(今月の歌篇)

f:id:mitzho84:20190324142414j:plain



    *


 みずからを蔑してばかり遠ざかる町がらすのなかのかのひと


 ためらいもなくてぼくは呼びかける朱雀の翔る春の前触れ


 鯨雲ひととき首垂れながら髪掻き毟る淡い午后の陽


 月影のまたも滴る零時過ぎスケートボード横転する


 わるぎのないいたずらなまなざしにさ迷うときの横顔をおもう


 さきひらく花の茎ただ散りぢりに手のひらのうえ死ぬる真午は


 きみがまだ花びらだったころをいまおもいだします春の前触れ


 聞き返してもおなじことだとぼくはいうぼくのなかのぼくが


 莟さえなくてうちへと帰りたいそんな幼い時分のかたおもい


 手のひらで物語るようなかのひとの銀河のなかに愛はなかった


    *

 
 ひとつでもいいからとすがりつく火ぶくれた指の愛もある


 かたおもいだけがほんとの愛なんだ・そうおもった運河のむこう 


 バナナ積む港湾業務・海はまだ春に馴染んでいないよう


 黒死病患者のごとく嘴をかぜにさからいあげるからすは


 いいかげんにしてくれよただまっすぐに港湾までの距離を測れず


 夜の鱈捌かれながらいまいちど漁り火に乾いたまなこ見ひらく


 しんしんしん、町を踏みしめながら肺透きとおるまで走る暁 


 繋留船よりコンテナ降ろされるぼくのうちがわを嘗めるように


 いまもまだ裸で泣いているのかなどこかの遠いきみの魂しい

 
 そばにいることなんかできもしないのにただもういちどだけ花に触れる


    *


 それがぜんぶだったんでしょうか、からっぽの郵便受けに水


 いままでがいままで色のないものばかりに充たされている


 暗がりにもういちど入りたくおもうのは銀塩写真のせいか


 ときとてときのなかのたくらみにあらがえないのがかわいい


 愛すらも懐かしむのみつかのまの人生という盤面の疵


 燐寸燃え尽きるまでの対話・星の陸できみとやりたい


 かげぼうし・消しゴム・駄菓子・望遠鏡・悲しい祈りとともに存って


 忘れられたひとびとたちとゆっくり同化する銅貨みたいな鈍い輝き


 懐いだせずにいるなぜ懐いだそいうとするのかもわからない


 ひとりきりになれば海が目醒めるといわれ毛布のなかで立ちあがってみる


    *


 淡いあわい誓いをしていつまでもだまされていたいといういちにち


 流し雛が澱みのなかでほほえんでいるなにかが芽吹きはじめたからか


 いずれには忘れてしまうことだろうきみの輝かしい断片


 あたりまえなふりをして困らせるぼくというのがわからず


 夫になりそこね父にもなりそこね春の曲も識らずに眠る河床


 寂寞のなかをさ迷うひとでいいと漠たるおもいのなかのためらい


 運命といえばそれだけで済むようで雀らの諧謔曲スケルツォ)を聴いています

 
 いくえなりと重なるおもかげのなか、もはやきみをおもうこともなく過ぎ去る


 通行止めのバーがたがいを遠ざける花のかげなどない公園通り


 日だまりのなかでむずがっていたいたとえ花の名を忘れても
 

    *

 
 かえりみることもなくずっと穢している手のなかのなにかを


 たったいま愉楽を知らずうたたねる港の杭にとどまれる鳥


 むこう疵かばいながら窓いっぱいに映るぼくのおもづら


 羊の眼・まぶちのなかにかさなっておもい果てるかの女のことなど


 それがいつまでもくりかえされる花に充たされた死地のうたごえ


 神殺す、それでも清しいきみとゆく終わりの始め夢見てやまず


 草のような花のようなまぶたのうえになびくものに手をふる


 砂漠する雨季するビルするガラスする感情ですら鱗に変わる


 いたずらにさみしいともいえず熟れる芽のなかにそっと手をやる


 小さな花きいろい花が咲きましたら惜しみなく千切れ惜しみなく奪え


    *


 おとこうたうたうきみのかげむこう光りのない街灯がつづく


 魚影のしろきひざかりに波はみなまるで飴細工


 眼つむれば猫になりぬるふた玉の消息不明にとまどうわれは


 はるがすみ花粉にまみれ立つ運河そのむこうにもうひとりのわれ


 ずぶぬれていこうか犬の心臓のような港湾都市を求めて


 飛んでいく雲や雨やらぼくらもさよならさつき通り3番地

 
 いたずらに春がちかいからかもっともらしいことをいいたい


 わがかつて片恋につい立ちどまる来たり得なかった幸福のせいで


 水吃る排水の管ねじれねじれてやがて地下のうたごえ


 両の手を埋めて冬の果てを識るもてないおとこたちのうた


    *


 銀鈍るうすくらがりよたたずめばすべてを遠く見做すまなざし


 かならずやむかえにいくと告げしままいくども暮れる犬の地平


 ひとがまたぼくに質問するなぜか答えたくないポーの表紙絵


 悲しけれ日乾しの花やぶれたビニールにならべられてる


 羞ぢのかげりを曝してもはや手を繋ぐだれもいない・悔やむな


 休神は夜に憑かれたおれの眼が星の明きに目醒めるときだ


 他者たらずことば足らずに首垂れ花らしきものなにもわからず


 なにかも通りぬけてはふたたびもなくまだそんなに暗いところばかり歩く


 道連れが欲しい・ためらい・ユリリウス・でもあしたぼくは会わない


 頼むから呼ばないままでいて欲しいぼくの足は冷え切ってる


    *


 たとえばまだきみを知りたいとおもう朝あり懐かしくなる


 望むもの多すぎてひとつも叶わず古時計の埃を見つむ


 このほうがずっといいね花曇る鉄路のそばできみを演じる


 口腔の血の匂いずっとまえから流れていたような気がして


 葬れるおれという記号、発信源に草があおあお


 いずれにも首をふるまいやさしさはまぎれていかん冬の終わりを


 らしさなどなくてただひとりの男として草地のぎりぎりに立つ


 かつては最愛だったものらしくおそれつつ横目をやるばかり


 澱むままにして遠からずきみのおもかげなどいやにゆがんでる


 春ちかきわが棟をわが梁を夢の空き地に建てる夢見る


    *

 

#蝗のような新鮮な気分

f:id:mitzho84:20190323210119j:plain

 

   *

 ナンバーガールが再結成ツアーということで、なんとか大阪公演にいきたい。リアルタイムではライブなどいかなかったし、そうでなくともおれはライブにいかない人種だった。エレカシイースタン、ファウル、宙ブラリ、キングブラザーズにはいった。なんとかこの機会を逃したくない。

   *

 ちがごろはずっと港湾労働をやってる。即金を得るにはいい仕事だ。おれはふたつの会社に登録してる。いっぽうは楽だが長い仕事、もういっぽうは短いがきつい仕事だ。おれには返すべき借金(携帯電話料金¥20万、父から¥5万)があるし、PCだって買い替えたい。とにかくいまは仕事だ。けっきょく「河出 文藝」新人賞のためにおれはなにも書けなかった。しかたがなく以前の長篇を中篇に編輯してだすつもりだ。そして写真の賞──こいつは来月でもいい。今月の歌篇ももうすぐで終わる。短歌は7月まで書きつづけるつもりでやってる。目標は歌集をだすこと。ハードカヴァーで10部、ペイパーバックで40部だせればいいとおもってる。そうしたらしばらく文藝とはおさらばだ。絵を習いたい、写真を極めたい。

   *

 目下のところ、まず父からの¥5万を返す。それからは少額ずつでも電話料金のため、弁護士事務所に金を入れる。ほかに歌集出版の費用や、PCの予算も貯金する。優先順位は後者になるだろう。

   *

 根拠不明の自身家のようにいまのおれは見えることだろう。だが十数万の罰金を払い終え、仕事にも慣れてきたおれは今年中にもじぶんの願望を実現したいと考えている。なんとか夏になるまえに成果をだしたい。

   *

 きょうはずっとバナナの検品と荷降ろし。1時間早く終わった。休憩のとき、若い女の子がおれの年齢を訊く。親しくする気もないくせに馴れ馴れしくするんじゃねえと心の内奥でかぼやき、おれはまた帰ってきたというわけだ。

   *

 


Number Girl - 我起立一個人 (Live at SHIBUYA ROCKTRANSFORMED)

第2詩集「38wの紙片[second edition]」、無料公開


 '14年にモノクロ印刷にて出版し、その後'17年に再編集してカラー化、再刊した詩集「38wの紙片[second edition]」を公開します。撰と序文は森忠明、写真・デザインは著者です。

38wの紙片.pdf - Google ドライブ

 

f:id:mitzho84:20190315175652j:plain

表紙

 

  ふるえ


  ふるえをとめてはいけない
  とめては旅路がみえなくなるから
  ほら
  ぼくの疵口をごらんよ
  これがたったひとつの標べなんだ
  貨車が通りすぎ
  厩の戸がひらく
  馬を盗もう
  そいつでどこまでもどこまでも
  どこまでもいくんだ
  そうつぶやきながらぼくは脱出の夢から醒める
  そうしてトランクを掴んでは
  からっぽのそいつを抱く
  「天使はポケットになにも持っていない」
  ダン・ファンテの物語はそう告げて
  娼婦たちのコーラス・ラインに手をふった
  でもいくら路をいったところで
  出会えるものはもうなにもないんだ
  あの子のためならなんでもできるって、そうおもったころもあった
  いまぼくにできるのはすべてをうっちゃらかしちゃって
  ふるえとともに行路につくこと
  あるいはハンプティ・ダンプティになって
  塀のうえを踊りつくすのみ

 

   点描

                          for y

  かつてあったらしいもろもろを求めてながら
  点をたどったところで
  なにもない
  わたしはあたらしい雨を待つ
  やもめ暮らしの男だ
  ひと昔か
  それよりもっとまえのことにあたまのなかが充たされ
  とてもじゃないがそいつは追いだせない
  みじめったらしく
  とっても醜いやつ
  過ぎ去ってもはや掴まえることもできない過古と終わりなく話す
  だれかがわたしを憶えてるかも知れない
  でもそれは気休め

  たしかに13年まえの4月
  まだ15歳
  駅ビルでわたしはかの女から声をかけられた
  あかるい声と
  とても素敵な笑みで
  でもそのときおもうままに応えられなかったみじめなやつだ
  すごくうれしくて
  すごくこわくなって
  逃げだしてしまった
  かつてあんなにも好きだったのにもかかわらず

  きょうもあたらしい雨はやってこなかった
  かの女への手紙をいくら書きあげても
  届けるあてはない
  通りを警笛が鳴りやまず
  5月の窓を閉じてわたしは横たわる
  かの女の20歳すらも知らず
  そんなことがとってもくやしい
  どうしてなのか


   清掃人


  少なくとも
  かつてあったものはそのかげを残してるだけだ
  ものはみな失せ
  手づくりの神殿のなかへと
  そしてそいつは清掃車が運び去ってしまった
  ありもしない裏通り
  架空のカウンターで愛しいひとたちがいなくなっていく
  それはまちがいなくみずから撰んだ札だった
  急ぎ走りでとめることもできない速さをもって
  おれは自身をおきざりにしたんだ
  そいつのあまりの惨めさで
  手に入れられるのは中古るのやすらぎ
  せいぜいのところオープン席三十分のそれ
  欲しいとおもったものはそれぞれ納屋の仕方で燃え
  ゆっくりと遠ざかる景色
  田舎の国道で
  天使どもがはげしいおもづらでおれをどやしつけ
  中古車センターだけが輝かしい
  路上に擦り切れ
  かぜになぶられた
  このおれが手にできるのはテニスンの短篇ですらない
  けっきょくは別離
  自身を運び去っていく清掃人のような
  ありかただけ

 

38wの紙片 [second edition]

38wの紙片 [second edition]

 

 

 

詩集「終夜営業|Open 24 hours|発送受付(2012)」、無料公開

 

終夜営業 | Open 24 hours |発送受付

終夜営業 | Open 24 hours |発送受付

 

 

 '12年に自主制作した第1詩集「終夜営業|Open 24 hours|発送受付」の普及版をドライブにアップロードしました。一読、御高覧ください。猶、書体を変更しています。

 

f:id:mitzho84:20190303194115j:plain

表紙

 

遺失物預かり所⇒

 

   人生のために失う
   失われるものたちを見よ
   黒い馬
   札のかかったなまぐさきものたち
   どこへでもゆける窓
   長いお別れのせりふ
   れもんのように冷めた色彩
   やなぎのようにしだれかかる美しいものども
   玉葱のようにものがなしいものども
   解体場の燈しのきらきら
   残された小銭にみる自身
   すべての友人になれない男たち
   あらゆる恋人にはなれない女たち
   夢は燃えながら建つ納屋
   人生の、
   人生のために失ったのだ
   ラジオがとびきりひどいものを鳴らしながら
   教えてくれることはおおい
   ひとつにもはや、
   口ずさめるうたのひとつもないということをだ
   空間や時間の四隅で
   おびえているものがいるということ
   人生の、
   人生のために失いつづけ、いっぴきの猫が馳せのぼる階段、
   そこの半分に腰かけてみせよう
   ほら、
   なにがみえる?

 

キャバレー・ロンドンへの入口はこちらではありません。当店は飲食店となっており、

 

   なまくらだ
   さみしいとか
   むなしいとか
   かなしいとか
   おおきな通りをふたつまたいで、やかましい路次の、
   そこのかげを嗅ごうとして腕をつかまれた
   どこかぎこちない音声アナウンスとともに
   どんな唄よりも冷えきった手はあつい
   おれにはなんにもないんだ
   それは有料遊戯の赤ランプだ
   硬貨の切れてしまった屋上の遊具たち
   なんにもいわないのは支那慰安婦たち
   とまっていてくれることへ
   ありがとうだ

   酒場の窓どもがうすぐらい光りをし、だれとだれとを蚕食してる
   帰っていけるのだ、
   ありがたくおもいな
   地下室から演奏が洩れだしてる
   聞えて来ないはカーソン・マッカラーズのあの唄
   おれは探してる、
   うでっぷしのよいおんな
   ひとりのおとこが足をすべらして転ぶ
   ひざもとは孔をみせてる
   みてみればじぶんだ

   女たちのわらい
   血のながれにいぬがいろめく
   おれにしか見えない犬だ
   《おそらくこれがひとびとが恩寵というような言葉で語るものなのだ》
   ジェイムズ・サリスの主人公はそういった
   夜更かしのひとびとに走る窓が叫ぶ
   丘まで足をひろげて草叢をぬければ古い墓場だ
   皺でできた男がこちらへ声をかけてきた
    「若いの、いいできだろう?」
    「え?」
   スコップと台車がうっすらとした
    「こいつだよ。ほかになにがある?」
   墓石がひとつ、人さし指をみせていた、──とても黒い
    「おれは詩人なんだ。どういう意味か、わかるか?」
    まるでわからなかった
    「つまり、あらゆるものを葬るってことだよ」

 

当ホテルの門限は午后十一時までとなっており、

 

   がらすのうちっかわにあるマネキンたち
   かの女らに情慾をおぼえるときがある
   それというのも
   そこに悪意もいぢのわるさもなく
   あぶれものを癩のようにすることもなければ
   いついつまでも責めたてるのも
   中身のないうちで瑕
   をつくりだすこともない
   ましてどやや橋のたもとにいるけものへと
   ふきながしていくこともないだろうから
   たっぷりと眼をやっては過ぎ去る

   だがいまはそんなにたやすい光景ですらも
   とうに売り買いへだされてしまい
   あてを知らないもの
   失いのうちにいるもの
   隠しをからにしたものなんかがおもうのはかれ自身のみ
   つまるところは手折れた茎にみずからのすべてがあるということ
   ほかを赦されないときには鉄柵を握る
   それはふるえとともにあってたなぞこを焼く

   莨をくれないか、ねえ?
   ときおりなにかが声をかける
   すまない、もってない
   喫んでそうなつらなのに?
   そうやって語らいが求められても
   ゆずりわたすわけには決していかない
   ほんのすこしのあいだをあける
   それが話しはじめるとき
   マネキンがひとのように倒れた
   ふたりしてみていたら
   店員の女が遅まきにあらわれ
   ひとでないかのようにかの女を起していなくなった  
   もうじき閉店だ

 

drive.google.com

ペヤングに喝采!(詩の断片)

f:id:mitzho84:20190301191318j:plain

 

 *

 

 うらがえるほど翅をひろげて
 君が代みたいにジャンプ!
 顔面のなかで
 いっぱいになる河
 喃語しても
 愉しくなれず
 犬を呵る

 夕映えのなかでそっと複葉機が降りて
 パイロットの特殊分光器がいま
 おまえの手で砕かれる

 

 *

 

 ガソリンに濡れた髪よ
 ガソリンに濡れた神よ
 おれが火をつけるまえに逃げろ
 おれが火をつけるまえに走れ
 気の触れたアルルの跳ね橋みたいな、そのからだをなんとかしやがれって、
 人間人形説を唱えつづけるんだ

 ああ見ろよ、蜜柑畑で
 髭面の男が
 ひとり針仕事の少女を苛めてる

 

 *

 

 おまえの2点透視が黄金比率をぶちのめす
 パンチドランカーの兎小屋で
 やがておまえは兵站へ逃げ
 マチスの筆致をかどわかす
 クレーの色使いをかどわかす
 そしてばかがタンクでやって来るんだ
 イスキリ・ノートを聖典に誂えるためだけに

 

 *


 頼むから、
 誤読してくれ
 肉屋のなかの黄金を
 豚の頭のなかの黄金を
 鉤づりにされた仔牛のなかの黄金を
 ただし歯に海苔をつけて話すな
 放屁を我慢してはならぬ
 美しいひとには洟を垂れ給え
 装飾楽譜のつけすぎでおもたくなった睫毛に花を捧げ
 まずもって愛撫という人語をひとつ残らず駆逐すること
 たとえばそんな感じで床屋にいって髪剪ってもろたらええちゃうん?
 それではペヤング喝采

 

 *

 

ペヤング ソースやきそば 120g×18個

ペヤング ソースやきそば 120g×18個

 
ペヤング 激辛やきそばEND 119g×18個

ペヤング 激辛やきそばEND 119g×18個

 
ペヤング 激辛やきそば 118g×18個

ペヤング 激辛やきそば 118g×18個

 
ペヤング 超大盛やきそば 237g×12個

ペヤング 超大盛やきそば 237g×12個

 
ペヤング 激辛MAX END 119g×3個

ペヤング 激辛MAX END 119g×3個

 
ペヤング 超大盛やきそばハーフ&ハーフW激辛 232g×12個

ペヤング 超大盛やきそばハーフ&ハーフW激辛 232g×12個

 
まるか食品 ペヤングソースやきそば 120g×3個

まるか食品 ペヤングソースやきそば 120g×3個

 
ペヤング 塩ガーリックやきそば 114g×18個

ペヤング 塩ガーリックやきそば 114g×18個

 
まるか食品 ペヤング やきそばソース 200ml×3個

まるか食品 ペヤング やきそばソース 200ml×3個

 
ペヤング 北海道 ジンギスカン風 やきそば 122g×18個

ペヤング 北海道 ジンギスカン風 やきそば 122g×18個

 
ペヤング ギョウザじゃんやきそば 115g×18個

ペヤング ギョウザじゃんやきそば 115g×18個

 
ペヤング スカルプD やきそば 111g×18個

ペヤング スカルプD やきそば 111g×18個

 
まるか商事 ペヤング ヌードル 85g×12個

まるか商事 ペヤング ヌードル 85g×12個

 
ペヤング たらこやきそば 115g×18個

ペヤング たらこやきそば 115g×18個

 
ペヤング パクチーレモンやきそば 110g×18個

ペヤング パクチーレモンやきそば 110g×18個

 
ペヨング ソースやきそば 106g×18個

ペヨング ソースやきそば 106g×18個

 
まるか商事 ペヤングすっぱからMAXやきそば 112g×18個

まるか商事 ペヤングすっぱからMAXやきそば 112g×18個

 
ペヤングだばあ (feat. 初音ミク)

ペヤングだばあ (feat. 初音ミク)