みずから書き、みずから滅ぶってこと。

中田満帆 / a missing person's press による活動報告

Louie Louie

夏の匂いがする、──ぼくはつぶやく かの女たちにできることはもうなにもない、──ぼくはやぼやく 母は家をでたらしい、 姉は離婚したらしい、 妹たちはそれぞれどっかで暮らしてる かの女たちがどこにいるのかなんかぼくの知ったことじゃない あの家のなかで…

piss out

できればもう少しでいいからましなものをと求め、 なにも手に入れられないことの憐れさ だれもでもない、 なにものでもないという事実、 受け入れようと受け入れまいとそれはおなじこと だってきょうも郵便受けはからっぽで だってきょうもあしたの喰い扶持…

叶えられない祈りのなか、ぼくはぼくの指を握ります

地下鉄 水に充たされた花野であしたの仕事がないという事実を呑む なんてこともなくダートを走り抜く馬みたいな勢いが要る だのに空気の抜けたダッチワイフみたいにおれは存る たまたま掴んだ書物と、たまたま掴んだ絵筆が、 しつこくおれを狙ってる、 どう…

ふたつのけつに降りた蠅

電話 レイの母親としばらく話をしたのはもう5日もまえだ やつはまだおれをうらんでるだろうかとおもう でも、どうだっていいこと やつもおれもろくなもんじゃないから ふたつのけつに悲しい蠅がとまって あじさいがゆれる、またゆれる その振れ幅にしぶく、 …

だって、もう、だから、(PM20:59)

夜ふけの通りをわたってすぐに 光りのきれっぱしが飛んで ぼくに迫る ブレーキ、 焦げるタイヤの臭い、 むかってきたのは40女の乗ったルノー 醜い皺をいくつもつくりながら かの女は窓からかいなを突きあげて 怒り声をあげる それはまったくの瞬間でしかなく…

6月

哀傷というのか、輪郭というのか、とにかくそんなものに搦まれて、 おれは身うごきできなく、なってしまってる 電話帳の最後に記された番号と、 いずれだれもかれもがいなくなるという事実 遠くまでひろがる溝の澱でいま 6月が燃えあがる そして医者がいう ─…

みずから書き、みずから滅びるってこと。(reprise)

万人の共通コードは好悪の感情のみである。好きだ、嫌いだ以上に説得力を持った言葉を私は知らない。とにかくものを伝える以前に不要なコードが多すぎる(1988、「ロッキング・オン」岩見吉朗) 茹で蛙の梅肉ソース和え 懐かしい映画をいくつか観た、「ゼイ…

晩年についてぼくが考えたこと《今月の歌篇》

* 自由なく死なねばならんのか墓建てらるるひとびとよ詠え 風車やがて棄てられぬ恐山の遠く遠く翳むところまで 花車老いたれる陽よしめやかにいつか語れる憾みを持たず 押し花のなかに帰らん跫音のやさしきノイズひとつひとつと 遅春の木戸にふくらむ月のか…

ライブにせかされて──King Brothersを観た。

05/17 気分がよくなかった。午まで眠り、起きて鶏胸肉の野菜炒めをつくって喰う。ライブのまえに映画にいこうとおもっていた。ところが雑務に追われ、けっきょく間に合わなかった。カラオケ屋で時間をつぶし、十三へ。電車はえらく混んでいて、つり革にすら…

おれの本棚に気をつけろ!

あーっ、なんてことだ。 この本棚は無印良品で買ったものだ。およそ7年まえに。表面を紙やすりで削り、塗装した。本をどかすと、森山大道の写真が貼ってある。──その本棚がそろそろいっぱいだ。危険だ。醜怪だ。ちなみにいちばん上にあるのはポルノ本やソフ…

fiction

おまえら うそをつくな さみだれをたたえよう いつかたどりつくまえに くたばっちまおう 花びらだわずか どうなってるんだって いうな花の名は いなうな花の字は おまえら ほえかける あの子のおもかげ そんたくのはて あこがれはつめたく するな逃げるなと …

東京(今月の歌篇)

* 銃後には雨が似合うといい洩らす少女のうなじ白く光りぬ ぬばたまのひとみのなかをちりぢりになっていつしか亡命者のような雨降る 意味のないなみだが流れながれ去るついに来なかった再会のとき たずさえて鞄のなかにゆられたる成熟以前の詩人の種子は こ…

バナナな日

* ニュースレター廃止に寄せて * おれの書くものをどれだけの人間が好んで読むのかはわからない。おれのなにがもっとも受け入れられるのかも、あいかわらず、よくわかってない。ニュースレターはやめてしまった。登録者は14人だけど、開封率がわるい。たっ…

ぼくの足は冷え切ってる(今月の歌篇)

* みずからを蔑してばかり遠ざかる町がらすのなかのかのひと ためらいもなくてぼくは呼びかける朱雀の翔る春の前触れ 鯨雲ひととき首垂れながら髪掻き毟る淡い午后の陽 月影のまたも滴る零時過ぎスケートボード横転する わるぎのないいたずらなまなざしにさ…

#蝗のような新鮮な気分

* ナンバーガールが再結成ツアーということで、なんとか大阪公演にいきたい。リアルタイムではライブなどいかなかったし、そうでなくともおれはライブにいかない人種だった。エレカシ、イースタン、ファウル、宙ブラリ、キングブラザーズにはいった。なんと…

第2詩集「38wの紙片[second edition]」、無料公開

'14年にモノクロ印刷にて出版し、その後'17年に再編集してカラー化、再刊した詩集「38wの紙片[second edition]」を公開します。撰と序文は森忠明、写真・デザインは著者です。 38wの紙片.pdf - Google ドライブ 表紙 ふるえ ふるえをとめてはいけない とめ…

詩集「終夜営業|Open 24 hours|発送受付(2012)」、無料公開

終夜営業 | Open 24 hours |発送受付 作者: 中田満帆 出版社/メーカー: a missing person's press 発売日: 2017/06/10 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る '12年に自主制作した第1詩集「終夜営業|Open 24 hours|発送受付」の普及版をドライ…

ペヤングに喝采!(詩の断片)

* うらがえるほど翅をひろげて 君が代みたいにジャンプ! 顔面のなかで いっぱいになる河 喃語しても 愉しくなれず 犬を呵る 夕映えのなかでそっと複葉機が降りて パイロットの特殊分光器がいま おまえの手で砕かれる * ガソリンに濡れた髪よ ガソリンに濡…

経験 [2016/01]

わがうちを去るものかつて分かちえし光りのいくたすでになかりき 指伝うしずくよもはや昔しなる出会いのときを忘れたましめ 過古のひとばかりを追いしわれはいま忘れられゆくひととなりたし かのひとにうずきはやまずひとひらの手紙の一語かきそんじたり 救…

夢と雨の日曜日 [2018/06]

* 老木のごとき時間を過したる夕暮れまえのぼくのためらい きみをまだ好きだといいてかりそめの証しを立てぬ流木の幹 涙という一語のために濡れながら驟雨の駅舎見あげるばかり いっぽんの釘打ちひとりさむざむと弟だったころをおもいぬ 薪をわる手斧のひと…

放浪詩篇の夜 [2018/05]

* ときとしてきみのなまえを口遊む葡萄の果肉干乾びるなか 汗の染む放浪詩篇かのひとの跡へむかってうち棄てたりし 屠らるる敗馬のうちの光りたれまなこの奥の少年のぼく 唇に注がれたりぬ午后の陽のまれなる色のきみのまなざし 立ちどまる猫や光りの一滴を…

手師の惜別 [2018/04]

* 河縁の春のよすがも綻びて一銭五厘の娘となりぬ 火を燈し六角星のぬばたまに攫われていくパレスチナかな 日本語の律いっせいに狂いたる夏の匂いの向日葵畑 雲射抜く機体を見あげ一滴の汗する望郷詩篇の書 更ける夜の公衆電話一頭の鯨夢見ん声また声 流民…

主題歌(2015)

「広告募集」の看板がつづく田舎道 起伏の激しさに咽を焦がしながら かつて父の自動車で走り回った いまでもあのあたりを歩けばおもいだす いとしいひとたち、 あるいはいとしかったものたちをおもいだす それは一九八四年のピープ・ショウ あるいは二〇一五…

天使の渾名

* 神に似し虹鱒捌くはらわたに出産以前のかがやきばかり 生田川上流に秋を読みただ雨を聴く水に宿れる永久ということ 校庭の白樫の木老いたれてもはやだれもぼくを呼ばない それでもまだ青年の日を悔やんでる、眼つむれば無人の回転木馬 北にむかって濁れる…

われのリリオム

* リリオム ならず者のところへもくるか? もし愛したら──(モルナール「リリオム」) * 天籟を授かりしかなゆかこという少女愛しし十二のぼくは 裏庭を濡らす霧雨にすらかのひとのかげを重ねたりにけり 初恋に死すことならず三叉路の真んなかにただネオン…

愛が、愛がわれわれをひきはなす(今月の歌篇)

* とっぷりと暮れるときには会えていたころよものみな遠ざかるなか あれがただ青麦みたいに見えるからふりかざされるまえに答える 沈黙に守られながらいたいといいてももろびとのやかましさ 光り降る二月の夜だってことを抱きながらふるえるわれよ 若かりし…

たぶん永久に

濡れた、 さいごの花束も、 ふりあげられた拳も、 ぜんぶがぜんぶ、 水によって引きずりだされてしまい、 いまやそれがなんであったかを識るのはむつかしい 海のむこうがわで大きく彎曲した虹鱒がクリークにむかって艪を漕ぐ それでも壊れた、 はじめてのほ…

定時制時代の卒業文集より

「告げる」平成15年生活体験文集「水脈」より/3年 中田満帆 エフトゥシェンコは「早すぎる自叙伝」のなかで、「詩人の自叙伝、それは彼の詩作品を言う。残りは註釈に過ぎない」と書いた、──らしい。”じぶんは詩人”と名乗るつもりはまったくないが、それに…

断食芸人の日記帖2019/Jan

01/01 さんざん眠って2時過ぎに外出。パッチ代わりにコンプレッションを着る。3時になって出屋敷。裏庭に足場をつくるところまでやる。そしてまた父の吝嗇自慢を聞かされる。ほとんどおなじ話の繰り返しだ。なんとも無残な気分にさせられる。次は4日だ。帰途…

蒸発旅日記

* テニスンの詩篇も燃ゆる丘の火に飛び込まざるを嘆き零るる 三日月ややなぎのかげに眠る子のひたいの白き照らすばかりか 外套のボタン喪う日も暮れるいったいぼくがなにをしたんだ 砂糖菓子降る町ありや陸橋を過ぐときにふと考えている いっぽんの藁もて聖…